このページの本文へ

国内開発のハードウェアRAIDを搭載

バッファロー、RAID 6に対応する4ドライブNASを発表

2017年11月01日 14時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「テラステーション WSS HR WSH5411DN6シリーズ」

 バッファローは11月1日、Windows Storage Server 2016搭載の法人向けNAS「テラステーション WSS HR WSH5411DN6シリーズ」を発表。11月下旬より順次発売する。

 OSとしてWindows Storage Server 2016 Standard Edition搭載とWindows Storage Server 2016 Workgroup Edition搭載の2モデルを用意、それぞれ24TB/16TB/12TB/8TB/4TBの4モデルがラインアップする。

 国内で開発されたハードウェアRAIDを搭載し、Windows Storage Server 2016標準のソフトウェアRAID機能では未対応のRAID 6に対応。また、OS領域用SSDを搭載しておりHDDすべてをデータ領域として利用できるほか、RAID設定変更時もOS再インストールなどの手間が不要。

HDDは耐久性に優れたWestern Digital製「WD Red」を採用

 いずれも4ベイ・4ドライブ構成(4TBモデルは1TB×4、24TBモデルは6TB×4のドライブ)。価格は、Windows Storage Server 2016 Standard Edition搭載モデルは30万2400(4TBモデル)~51万6240円(24TBモデル)。Windows Storage Server 2016 Workgroup Edition搭載モデルは、25万9200円(4TBモデル)~47万3040円(24TBモデル)。

カテゴリートップへ

ピックアップ