このページの本文へ

2種類だけのシンプルな料金プラン、月額800円からのリーズナブルな契約も可能

GMOペパボ、レンタルサーバー「heteml(ヘテムル)」の料金プランを改定

2017年10月24日 17時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
超高速レンタルサーバー「heteml(ヘテムル)」料金プラン改定

 GMOペパボは10月24日、超高速レンタルサーバー「heteml(ヘテムル)」の料金プランを改定、サーバー容量に応じて選べる2つの料金プランとした。

 「ベーシック」プランはSSD容量200GB、データベース70個、転送量80GB。月額料金は1100円(3ヵ月契約の場合)。「プラス」プランはSSD容量300GB、データベース100個、転送量は120GB。月額料金は2200円(3ヵ月契約の場合)。いずれも初期費用2000円が必要、月額料金は長期契約だと割り引きが行なわれベーシックプラン36ヵ月契約では月々800円で利用できる(価格はいずれも税別)。

 また、簡単に利用できる常時SSL化できる独自SSL「Let’s Encrypt」を標準搭載、最大で14日分のデータを専用サーバーにバックアップする自動バックアップ機能、ウェブサイト高速化機能「OPcache」など機能強化も図られている。

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ