このページの本文へ

AREA「SD-H2SW」

小型でAC不要、4K&60Hz対応の双方向切替可能なHDMIセレクター

2017年10月17日 23時04分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エアリアから、4K解像度とリフレッシュレート60Hz表示に対応するHDMI切替器「SD-H2SW」が登場。テクノハウス東映と東映ランドで販売中だ。

4K解像度とリフレッシュレート60Hz表示に対応するHDMI切替器「SD-H2SW」。金属ボディを採用した本体サイズは小型で使いやすい

 「SD-H2SW」は、4K解像度とリフレッシュレート60Hz表示に対応し、双方向切替可能なHDMI切替器。1台の液晶TVやディスプレーに対し、2系統までのPCやゲーム機を接続。または、PCやゲーム機の入力に対し、2系統までの液晶TVやディスプレーのいずれかに表示するといった使い方ができる。いずれも、同時出力には対応せず、入力機器、もしくは出力機器を切り替えて使う。

4K解像度とリフレッシュレート60Hz表示に対応しつつ、双方向切替可能。最新の環境でも利用できる

 基本スペックは、対応解像度が4Kx2K(60/30/24Hz)/1080p(120/60/30/24Hz)/1080i(60/30/24Hz)/720p(60/30/24Hz)/480p(60Hz)。HDMI×3、接続可能なケーブルは最大5m。金属ボディーを採用した本体サイズは、約52×50×23mm、重量約66gと小型。さらにACアダプターも不要なため、場所を選ばず使用できるのも特徴だ。

 価格は2376円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中