このページの本文へ

すぐに使える! XperiaのTIPS集第72回

ホーム画面に配置できるアイコン数を変更するXperiaテク

2017年09月13日 10時00分更新

文● 中山 智 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Xperiaのホーム画面には、アプリアイコンやショートカットアイコン、ウィジェットなどを配置して操作できるようになっています。このアイコンやウィジェットは設定から配置できる個数を変更可能です。まずは画面の空白欄を長押しして、ホーム画面のカスタマイズに切り替えましょう。

ウィジェットの配置やテーマの変更に加えて「グリッド」が用意されている

 次に「グリッド」をタップすると、アイコンの配置パターンを「3×4」、「4×4」、「4×5」、「5×5」の4種類から選べます。それぞれのパターンをタップすると、画面上のプレビューも変化して、どんな配置になるかわかります。

4種類のグリッドをタップすると、上のプレビューも変化する

 気に入った配置パターンが決まったら、あとは「設定」をタップすればOK。選択した配置パターンに自動で変更され、アイコンなども適切に並び替わっています。

グリッド数が少ない「3×4」もっともグリッド数が多い「5×5」

 グリッド数を多くすると1画面に配置できるアイコンやウィジェットが多くなるので、インストールアプリが多いユーザーにオススメ。ただしグリッド数が多いとアイコンは小さくなるので目的のアプリが見つけにくくなります。視認性重視の場合は、グリッドが少ない方が良いでしょう。

小さくなったウィジェットはドラッグで戻す

 またグリッドを変えると、ウィジェットの幅が変化して横幅が短くなったりしてしまうケースもあります。この場合は同じくホーム画面のカスタマイズでウィジェットを選択し、ドラッグで横幅を広げれば元に戻ります。

 グリッド数は使い勝手と視認性のバランスを考えながら、自分の使いやすいようにカスタマイズしましょう!

※Xperia XZ Premium SO-04J/Android 7.1.1で検証しました。

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART