このページの本文へ

すぐに使える! XperiaのTIPS集第69回

ロック画面の時計を見やすく変えるXperiaテク

2017年08月29日 10時00分更新

文● 中山 智 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Xperiaのロック画面には大きな時計ウィジェットを表示できるので、腕時計はせずに時間のチェックはXperiaにおまかせというユーザーも多いはず。実はこの時計ウィジェットはいくつかデザインが用意されており、ユーザーの好みで選べるようになっています。

ロック画面の時計ウィジェットのひとつで、アナログふうのデザイン

 時計ウィジェットを変更するには、まず設定を起動して、「ロック画面とセキュリティ」へとアクセス。次に「ロック画面」の「時計」をタップします。

ロック画面の時計ウィジェットを変更するには、「ロック画面とセキュリティ」から「時計」をタップしてウィジェットの種類を選ぶ

 用意されている時計の種類は「ドコモ時計」「Sony時計2」「Sony時計」「デジタル時計」「アナログ時計」の全部で5つ。変更したい時計のデザインをタップするだけなので簡単です。

全部で5つのデザインから選べる

 「アナログ時計」は上記のとおり、時分針を使ったデザインです。「デジタル時計」はデジタル時計と日付の組み合わせ。「ドコモ時計」も同じデジタル表示ですが、時刻と日付の下にマイクのアイコンが用意されています。このマイクアイコンをタップすると、ドコモの「しゃべってコンシェル」が起動します。

シンプルなデザインの「デジタル時計」「ドコモ時計」は「しゃべってコンシェル」を起動するマイクアイコンがある

 「Sony時計2」と「Sony時計」もデジタル時計での表示ですが、「Sony時計2」は時間表示のみが大きめのデザイン。「Sony時計」は時分ともに大きく、ひとめでわかりやすいのがポイントです。

時間表示が大きい「Sony時計2」時分が画面の三分の一くらいの大きさになっている「Sony時計」

 時計も好みはいろいろなので、自分に合ったデザインの時計を選んで表示しましょう!

※Xperia XZ Premium SO-04J/Android 7.1.1で検証しました。

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART