このページの本文へ

各社のX399マザーをチェック

カバーの着せ替え機能もあるMSIのX399マザー

2017年08月17日 23時17分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 先週より販売がスタートしたAMDのハイエンドCPU「Ryzen Threadripper」。MSIからはX399搭載のハイエンドマザーボード「X399 GAMING PRO CARBON AC」が発売中だ。

MSIから発売中のX399搭載のハイエンドマザーボード「X399 GAMING PRO CARBON AC」

 「X399 GAMING PRO CARBON AC」は、「PERFORMANCE GAMING」シリーズに属するX399搭載のSocket TR4対応マザーボード。おなじみのLED機能「Mystic Light and Mystic Light Sync」をサポートするほか、I/O部やヒートシンク部のカバーは製品付属のカバーと交換できるというギミック付き。

 電源回路は13電源フェーズで、TITANIUM CHOKE IIコイル、DARK CAPコンデンサー、DARK CHOKEコイルなの高品質部品を採用する「Military Class 6」をサポート。メタルシールド仕様の「DDR4 Boost with Steel Armor」、高耐久PCI Expressスロット「PCI-E STEEL ARMOR SLOT」 、M.2 SSD冷却用ヒートシンク「M.2 SHIELD」も備えている。

LED機能「Mystic Light and Mystic Light Sync」をサポートし、動作中は派手に光る

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×4、PCI Express(2.0) x1×2。メモリーは、DDR4 DIMM×8(DDR4-3600(OC)/3200(OC)/2800(OC)/2667/2400/2133 MHz、ECC対応/最大128GB)という構成。

 オンボードインターフェースとして、ギガビットLAN(Intel I211)やサウンド(Realtek ALC1220 8CH HD Audio)、IEEE802.11ac/a/g/b/n無線LAN+Bluetooth 4.2(Intelチップ搭載のPCIe拡張カードが付属)、M.2×3、SATA3.0×8、USB 3.1×3(Type-A+Type-C)、USB 3.0×12、USB 2.0×6などを装備する。

M.2 SSD冷却用ヒートシンク「M.2 SHIELD」は3基分搭載。無線LANは別途付属のPCIe拡張カードを使用する

 価格は5万7218円。パソコンショップアーク、ドスパラ パーツ館、パソコン工房秋葉原BUYMORE店、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中