このページの本文へ

パイプ部にはドライカーボンを採用するなど軽量化にこだわったボディ

シャープ、世界最軽量のコードレス掃除機「RACTIVE Air」

2017年08月02日 18時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「RACTIVE Air」サイクロン式(左)、紙パック式(右)

 シャープは8月2日、軽量素材の採用などによりパワーブラシタイプとしては世界最軽量となるキャニスタータイプのコードレス掃除機「RACTIVE Air(ラクティブ エア)」4機種を発表。9月14日に発売する。

 パイプ部には軽量素材ドライカーボンを採用するほか、モーターや電子回路の小型軽量化を進めて総質量で2.9kg、本体で1.8kgという軽量化を実現した。集塵はサイクロン式と紙パック式がそれぞれ2モデルずつ用意される。

コードレスおよび軽量ボディにより自宅のさまざまな場所で利用できる

 バッテリーにはリチウムイオンバッテリーを採用し、バッテリーは着脱式で本体から取り外して急速充電可能。4モデルのうち2モデルにはバッテリーパックは2個同梱される。バッテリー1個での動作時間は「強」モードで8分、「弱」モードで30分。

それぞれ「ゴールド系」、「ピンク系」、「イエロー系」の3カラーを用意

 本体サイズはサイクロン式モデルがおよそ幅204×奥行き390×高さ230㎜、紙パック式モデルがおよそ幅194×奥行き395×高さ182㎜。価格はオープンプライス。

カテゴリートップへ