このページの本文へ

MoguraVRのゲームとって出し第43回

殺せんせーが走り回る、目の前に落書きする……

VRで殺せんせーと暗殺レッスン「暗殺教室VR バルーンチャレンジの時間」

2017年07月12日 21時00分更新

文● やましん/Mogura VR

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今回紹介するのは人気TVアニメ「暗殺教室」をテーマにしたVRシューティングゲーム「暗殺教室VR バルーンチャレンジの時間」だ。

 プレイヤーはファンにはおなじみの教室で「殺せんせー」から暗殺者としての教育を受ける。アニメにも登場したキャラクターが解説をしてくれたりとファンにはたまらない要素が多くある。

 ゲーム内容は、制限時間内に出現する風船を銃やナイフで割っていくというもの。かなりの数が出現するが、落ち着いて割ればそこまで難易度は高くない。銃だけでも十分だが、ナイフも使うことでより効率的に風船を割れる。全部割るか制限時間が来ると新しい風船が現れる。真後ろなどにも現れるので全方位に注意が必要だ。

 そこらじゅうを走り回る殺せんせーは居るだけでも邪魔だが、さらに妨害をしてくることも多い。目の前に落書きをされた時には、気になって風船を撃つどころではなくなってしまうだろう。ある特定の条件で殺せんせーは暗殺できる。罠を仕掛けたりする必要があり難易度は高いが、成功した時の爽快感は計り知れない。

 ファンにはうれしい作品だが、シューティングゲームとしてのゲーム性については、今までVRでゲームをプレイしてきたユーザーには物足りなく感じられるかもしれない。しかしそれを差し引いても、好きなキャラクターが目の前で見られるのは大きな魅力だ。原作ファンには非常におすすめできるコンテンツなので、ぜひプレイしてほしい。

カテゴリートップへ

この特集の記事

VR ZONE『装甲騎兵ボトムズ バトリング野郎』でボトムズに乗ってみた!