このページの本文へ

Azure Stackのオーダー開始、Windows 10 on Azure解禁

MSのパートナーイベント「Inspire」開幕、Azureの新発表まとめ

2017年07月11日 08時00分更新

文● 羽野三千世/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マイクロソフトは米国時間7月9日~13日、ワシントンD.Cでパートナー企業向けグローバルイベント「Microsoft Inspire 2017」(旧Microsoft Worldwide Partner Conference)を開催している。5日間で1万7000以上のパートナーが参加予定だ。

 7月10日の1回目基調講演(基調講演は複数回予定されている)には、CEOのサティア・ナデラ氏が登壇。Office 365、Windows 10、Enterprise Mobility + Securityを統合した月額料金制の法人向けライセンス「Microsoft 365」の新設や、「Azure Stack」の受注開始がアナウンスされた。そのほか、Inspire 2017開催に合わせていくつかの新発表があったので、Microsoft Azure関連の発表をまとめて紹介する。

「Azure Stack」の受注開始

 Azure Stackは、パブリッククラウドのAzureの基盤技術をオンプレミスで利用可能にしたもの。今回、Dell EMC、HPE、LenovoのハードウェアにAzure Stackのシステムを構築したアプライアンスの受注が開始された。出荷開始は9月を予定する。

 併せて、容量ベースで従量課金するAzure Stackの料金プランと、Azure Stackアプライアンスへのアプリケーション展開を検証するための無償開発キット(ASDK)をリリースした。

「Azure Managed Applications」をプレビューリリース

 Azure Marketplaceで、パートナーがマネージドサービス型のアプリケーションを配布できる仕組み「Azure Managed Applications」が利用可能になった。アプリケーションの配布と合わせて運用サポートサービスが提供できるようになる。

Virtual Machine Scale Setsで新しいネットワーク拡張機能がGA

 Virtual Machine Scale Sets(VMSS)で、新しいネットワーク拡張機能が一般提供(GA)になった。VMSSは、ネットワーク構成などが同一のVM(仮想マシン)を大量に自動展開するための機能。

 今回、より複雑なネットワーク要件を持つVMの自動展開に対応するために、VMごとにパブリックIPアドレスを割り当てる機能や、スケールセットのDNSを直接構成する機能、スケールセットに直接ネットワークセキュリティグループを割り当てる機能などが追加された。

「Windows 10」ライセンスのマルチテナント型クラウドへの持ち込みが可能に

 Windows 10クライアントライセンスの規約が改定され、CSP(クラウドソリューションプロバイダー)プログラムのWindows 10サブスクリプションにVM環境での利用権限が付与された。Azureおよび認定ホスティングパートナーのVMで、Windows 10が利用できるようになる。

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ