このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ”第510回

AFがすばらしい! パナソニックのミラーレス一眼「GH5」で撮る猫

2017年05月26日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
猫と遊んでた女の子がひょいと持ち上げたので見てるこっちがびっくり。おとなしく抱き上げられる外猫ってあまりみないから。抱き上げる方も抱き上げられる方も当たり前の顔してたのが面白い(2017年5月 パナソニック LUMIX DC-GH5)
猫と遊んでた女の子がひょいと持ち上げたので見てるこっちがびっくり。おとなしく抱き上げられる外猫ってあまり見ないから。抱き上げる方も抱き上げられる方も当たり前の顔してたのが面白い(2017年5月 パナソニック LUMIX DC-GH5)

 ここ1年でミラーレス一眼の性能がどんどん上がってて撮影機能も進化してて、それってどれも猫を撮るための機能なんじゃない? と思ってしまう今日この頃。

 前回に続いて、そんなミラーレス一眼の代表モデルパナソニックの「LUMIX DC-GH5」で猫を撮る話。何しろ前回は6Kフォトの話で終わっちゃったから。

パナソニックの「DC-GH5」に35-100m F2.8のレンズをつけて パナソニックの「DC-GH5」に35-100m F2.8のレンズをつけて

 さて6Kフォトは6Kサイズ(約1800万画素)で秒間30枚の超高速連写した写真を(内部的に)1つの動画ファイルにまとめ、そこからいいカットを切り出して写真として使うって機能だった。

 普通の連写に比べると、一旦1つの動画ファイルにまとめる分、管理しやすいってのがある(もっとも、パソコン上で6Kフォトファイルから写真を取り出すには専用ソフトが必要。Windows版のみなのでその辺が不自由ではあるが)。

 そんな6Kフォトの仕組みを使った面白い機能がもうひとつある。「フォーカスセレクト」だ。

 画面上のいろんな位置にピントを合わせながら撮影し、後から「撮りたいところにピントが合ってる写真」だけを選ぶというのである。これ、猫撮影とどんな関係があるのか。

 草むらに奥にいたり何かに隠れてたりで、ピントを合わせにくい場所に猫がいるとき超効果的なのだ。

 今までならAF枠を一番小さくしてピンポイントで合わせるか、マニュアルフォーカスしか手がなかったんだが、フォーカスセレクトを使えば「とりあえず細かいことは撮ってから考えよう」的に撮影し、ゆっくり猫の顔にフォーカスが来てる写真を選べばいいのである。

草むらの中にいた猫。完璧ってわけにはいかないけど、なんとか撮れました。フォーカスセレクト機能は偉大(2017年5月 パナソニック LUMIX DC-GH5)
草むらの中にいた猫。完璧ってわけにはいかないけど、なんとか撮れました。フォーカスセレクト機能は偉大(2017年5月 パナソニック LUMIX DC-GH5)

 それがこれ。普通にAFで撮ると、ぜったい手前の草にピントが合っちゃうシーン。

 さすがにこれはムリなんじゃないかと思って撮ってみたんだが、フォーカスセレクトでなんとかなりました。

 次は普通の連写。

 連写が速いだけのカメラはいっぱいあるが、被写体にフォーカスを合わせ続けるAF追従連写はミラーレス機がかつて苦手としたジャンルだった。でも最近、その性能がぐんと上がってきたのだ。

 個人的には「こっちに歩いてくる猫の顔にフォーカスを合わせ続けられるかどうか」がAF追従性能の基準。

 GH5は見事にこっちに歩いてくる猫をしっかり捉えてくれたのであった。空間認識AFはすばらしいかも。

 これらは連写した中の1枚。ちゃんとピントがきてる。

とことことこっちへ歩いてくる姿を連写で狙ってたら目が合った。歩いてくる猫をしっかり撮れるのは大事(2017年5月 パナソニック LUMIX DC-GH5)
とことことこっちへ歩いてくる姿を連写で狙ってたら目が合った。歩いてくる猫をしっかり撮れるのは大事(2017年5月 パナソニック LUMIX DC-GH5)
同じ猫を。とにかく人なつこくて好奇心旺盛なのである。なお、そっくりの模様の兄弟がいたので、上の写真の猫とは違うかもしれない。しっぽを見ると微妙に違うと教えてもらったが、この写真ではわからないのであった(2017年5月 パナソニック LUMIX DC-GH5)
同じ猫を。とにかく人なつこくて好奇心旺盛なのである。なお、そっくりの模様の兄弟がいたので、上の写真の猫とは違うかもしれない。しっぽを見ると微妙に違うと教えてもらったが、この写真ではわからないのであった(2017年5月 パナソニック LUMIX DC-GH5)

 欲をいえば、猫顔検出機能も欲しいよねえ。猫の顔を見つけたらずっとそれにフォーカスを合わせ続けてくれる、みたいな。

 この機能、猫より犬の方がニーズありそう。飼い犬が自分に向かって走ってくるところをパーフェクトに撮れたら気持ちいいもの。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART