このページの本文へ

寅年生まれ肉食ナベコの「なんでも食べてみる」第292回

気になる新製品を食べる!!

出前一丁の坦々麺がピリ辛でうまい!酒の〆にぴったり

2017年05月16日 18時00分更新

文● ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「出前一丁」の坦々麺が出た。通常の「ごまラー油」よりも辛みをアップした特製「辛ごまラー油」を使用している。どれくら辛いのか? 気になるので食べる。

「出前一丁ビッグカップ 担々麺 辛ごまラー油」
・メーカー:日清食品
・実売価格:220円前後
・カロリー:526kcal(1食109gあたり)
・発売日:5月15日

■商品概要

 「出前一丁」は、焙煎したごまの風味が香ばしい「ごまラー油」が特徴のロングセラーブランド。今回、うま辛仕上げの担々麺になって登場。

 しょうゆ味のスープをベースに練りごまを加え、特製の「辛ごまラー油」で仕上げる濃厚な旨みと辛みのあるスープが特徴の担々麺。具材は味付豚ミンチ、チンゲンサイ、赤唐辛子、炒りごま。

 1食あたりごま約2000粒分のセサミンが入っている。

袋麺5食パックも発売。570円前後。

食べてみた

 ナベコです。出前一丁はごまの香りが香ばしくて酒の〆にもピッタリですよね。今回の担々麺は?

別袋の「辛ごまラー油」は通常の「ごまラー油」よりピリ辛。
食べる前にかけるとなかなか赤くて辛そうな見た目だった。
 

 ごまとしょうゆベースのスープの香りがそそること! 出前一丁の魅力であるごまの香りが担々麺になったことでさらに華やかに感じます。

香ばしい! 辛さは適度で“うま辛”だった。

 味は簡潔に言うとめちゃうま。辛ごまラー油と言いますがそこまで辛いわけではなく適度な刺激。うまみが濃厚で、ごまの香ばしさとの相乗効果でぐんぐん食べられる。

 具材もゴロゴロしていて満足できます。チンゲンサイもシャキシャキしていて好感。

 少し時間が経つと中細のウェーブ麺が伸びてきてしまうのではやめにかっこむのがポイントかと。

主観バリバリ 5点満点ジャッジ!

ナベコ=酒好きの三十路

辛さ     3点
うまさ    5点
ボリューム  4点

総合NP 4点
「濃厚なのに適度な辛みがアクセントになって食べやすく好きな味です。セサミンは肝臓の代謝を高める効果があるそう。お酒の〆にぴったりですね」

※NP:NabekoPoint

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!