このページの本文へ

NVIDIA「Jetson TX2」

Pascalベースの高性能SoCを搭載した「Jetson TX2」がNVIDIAから登場

2017年04月25日 23時00分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 カードサイズの小型基板にPascalアーキテクチャーを搭載したNVIDIAの組み込み機器用開発キット「Jetson TX2」の販売がオリオスペックでスタートした。価格は8万2400円(税抜)。初回入荷分はすでに完売だ。

NVIDIAの組み込み機器用開発キット「Jetson TX2」。各種インターフェースを備えるドータカードや電源ユニットが付属する「Jetson TX2 Developer Kit」が発売

 「Jetson TX2」は50×87mmサイズの小型基板に、NVIDIAオリジナルプロセッサー「Denver 2」を2基、ARM Cortex-A57を4基で構成されるCPUコア。さらにPascalアーキテクチャーで256基のCUDAコアを備える高性能SoCを搭載した小型ボード。

「Jetson TX1」の後継モデル「Jetson TX2」。先代モデルから電力効率は2倍以上にアップしている

 発売されたのは、各種インターフェースを備えるドータカードや電源ユニットが付属する「Jetson TX2 Developer Kit」。小型ボードの主なスペックは、メモリーがLPDDR4 8GB、ストレージは32GB eMMCで、ネットワークはギガビットLAN、IEEE 802.11ac無線LAN、Bluetoothなど。17cm×17cmのMini-ITXサイズ基板に搭載され、ヒートシンクと冷却ファンを装備している。

ロボット、ドローン、スマート カメラ、携帯医療機器など、インテリジェントなエッジデバイスに最適とうたう

 また、Mini-ITXサイズ基板に搭載するインターフェースは、PCI-Express(x4)スロットやM.2スロット、USBポートやSDカードスロット、HDMI出力などが用意されている。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中