このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

「For Honor」のベンチマークもほぼ最高設定でヌルヌル動く!

144Hz駆動で画質も妥協ナシならGeForce GTX 1080Ti搭載のLEVEL∞

2017年04月28日 11時00分更新

文● 林佑樹(@necamax) 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

いつもよりもヌルヌルの144Hz駆動ならこいつだ!!

ProLite GB2488HSUとLEVEL-R027-i7-XNRでテストした

 GeForce GTX 1080 Tiを活かすならば、よりゲーミング向けのディスプレーがオススメである。よくある60Hz駆動のものではなく、120Hzや144Hz駆動のディスプレーを使用すると、よりヌルヌルとした描写でゲームを楽しめる。どれだけヌルヌルなのかは、以下のGIFを参照してほしい。描画回数が多いため、マウスカーソルを動かすだけでも違いがわかる。動画もひとつ用意しているが、大半のディスプレーが60fps環境なので、店頭で実際にチェックしてもらいたい。

240fpsで録画したデータをGIFアニメにしたもの。こちらは60Hz駆動
240fpsで録画したデータをGIFアニメにしたもの。こちらは144Hz駆動。露骨に描写回数の違いがわかるハズ

 使用したディスプレーは、最大144Hz駆動に対応するゲーミング向けの24型「ProLite GB2488HSU」だ。チェックに使用したゲームタイトルは『For Honor』。設定は以下のスクリーンショットの通りで、ほぼ最高設定になる。144Hz駆動をさせる場合、144fps以上であることが重要であり、負荷としてはもちろん60fps前提時よりも高いものとなる。そのため、よりハイエンドな環境が必要になるわけだ。

ベンチマークモードで試行し、144fps以上をほぼキープできる設定はスクリーンショットの通り。アンビエントオクルージョンとスーパーサンプリングアンチエイリアスのみ設定を変更した。アンビエントオクルージョンはHBAO+、スーパーサンプリングアンチエイリアスはオフ
ベンチマークの結果。爆風のシーンで一瞬だけ143fps以下になるシーンがあったが、平均フレームレートは155fps以上と144Hz駆動向けの結果になった。設定のコツとしては、25fpsほど一気に下がると140fps以上であっても大きくフレームレートが落ちたと感じやすい。気になる場合は、120Hz駆動に変更するのもアリ

ProLite GB2488HSUを144Hz駆動にした状態で、上記ベンチマーク設定のものを録画したもの。ただし、録画は1080p/60fpsであるため、雰囲気つかみ程度に考えてほしい。

ヌルヌル動くゲーム環境を考えるならLEVEL-R027-i7-XNR

 最高設定、もしくはほぼ最高設定で、かつ120Hz/144Hz駆動でゲームを楽しみたい場合、LEVEL-R027-i7-XNRを選ぶのは、価格からしても狙い目である。またこれまで60Hz駆動ばかりの環境であれば、そのステップアップとして、ProLite GB2488HSUも加えて、よりよいゲーム環境を作ってみるのも、新しい発見が盛りだくさんになるだろう。

試用機の主なスペック
機種名 LEVEL-R027-i7-XNR
CPU Core i7-7700(3.6GHz)
グラフィックス GeForce GTX 1080 Ti(11GB GDDR5X)
メモリー 8GB
ストレージ 240GB SSD、1TB HDD
内蔵ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)
インターフェース USB 3.0端子×5、USB 2.0端子×4、PS/2コネクター、アナログ8cサウンド(GPUの外部出力はHDMI端子、DisplayPort×3)
電源 700W 80PLUS BRONZE認証 ATX電源
サイズ およそ幅190×奥行477×高さ432mm
OS Windows 10 Home(64bit)
価格 22万3538円から

(提供:ユニットコム)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ