このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第426回

オークションやインスタの見栄えをアップする撮影ボックスを衝動買い!

2017年04月19日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
写真撮影の縁の下の力持ち、「撮影ボックス」と「簡易スタジオ」を買ってみた
写真撮影の縁の下の力持ち、「撮影ボックス」と「簡易スタジオ」を買ってみた

 ちょっと前まで、きれいにモノの写真を撮る必要性と価値のあった人は、EC系ウェブページの運営者や頻繁にオークションにさまざまな商品を出品している個人などが多かった。

 今は両者の数も爆発的に拡大し、同時にインスタグラムを代表とするビジュアルを中心としたSNSの拡大も著しい。

 プロが運営する商用ECサイトでは当たり前だった撮影手段やノウハウを、今ではごく普通の個人が使うことも当たり前の時代になった。

 オークションでの“売り”がやっと500回を超えた筆者も、やっと重い腰を上げて最近安くなってきた小物写真撮影用の通称「撮影ボックス」を2種類ほど買ってみた。

 今まで、デジカメ撮影のための背景や下に敷くスクリーンやマットは何度か買ったことがある。

 しかし、上方向からの撮影に関しては何とか使えても、いつも背景スクリーンを上手く固定できる手段がなかなかなく、正面からの撮影には、背景に余分なモノが写り込まないように撮影角度を変えたり、背景に何か大きなモノを立てかけたりと、なかなかその設定が大変だった。

 また、テラス近くのリビングルームの食卓の上で自然光での撮影をやろうとしても、地球の自転の影響で撮影時間が限られることが多い。

 対応策として、天井照明を利用してやろうとすれば、今度はカメラを持った自分の手やカメラ自身、自分の上半身が影になったりする。文明の利器であるフラッシュを使用すれば、それはそれで超不自然なイメージになるのがオチだった。

 そんな時に、これらの面倒くさい課題を一気に解決してくれそうなアイテムのメールニュースがやってきた。

約1500円と格安な上海問屋の
「20灯LEDライト付 折り畳みコンパクト撮影ボックス」

 筆者が購入したのは、ドスパラの通販サイトである上海問屋の「20灯LEDライト付 折り畳みコンパクト撮影ボックス」(以降、撮影ボックス)という、いつものように長~い名前の商品だ。

 今回、最初に紹介するこの商品の特徴は、何と言っても税込み1499円というそのコストパフォーマンスだ。

撮影ボックスの同梱物。あくまでシンプルでミニマムのアタッチメント 撮影ボックスの同梱物。あくまでシンプルでミニマムのアタッチメント

 早速送られてきた撮影ボックスは、組み立て式の本体ボックス、バックスクリーン(黒と白の2色)、天井面手前にある20個のLEDライトを点灯させるためのバッテリー供給用のmicroUSBケーブル、そして取説だ。

たった200gなので、カバンに入れてどこにでも持って行って直に撮影できる たった200gなので、カバンに入れてどこにでも持って行って直に撮影できる

 本体はポリ塩化ビニール製の下敷きのような素材を折り曲げて作られている。復元性が強く、何度も折り曲げたり伸ばしたりしても相当の回数にも耐えられそうだ。

最初に織り込まれた三角形の両耳を引っ張り出す。少し指先に力が必要だ 最初に織り込まれた三角形の両耳を引っ張り出す。少し指先に力が必要だ
広げて全部展開すると取説を見なくても組み立ての手順は分かってくる
広げて全部展開すると取説を見なくても組み立ての手順は分かってくる
3ヵ所の三角形の頂点をくっつけるのはマグネット 組み上げた後の姿。慣れてくれば軽く1分以内で簡単に組み上げられる
3ヵ所の三角形の頂点をくっつけるのはマグネット組み上げた後の姿。慣れてくれば軽く1分以内で簡単に組み上げられる
内側に任意のバックスクリーンを内部のフックに引っ掛けて、撮影可能になる 内側に任意のバックスクリーンを内部のフックに引っ掛けて、撮影可能になる

 組み立ては、3つ折りになった撮影ボックスを開き、各面の三角形をした側板に付属するマグネット同士をくっつけて、前面が開放されたボックスに組み上がるとひとまずは完成だ。

 そして内部に背景と底面のスクリーンとなるバックスリーンを入れ、背面上部のフックに取り付ける。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART