このページの本文へ

エレコム、全ポートギガビット対応の無線LANギガビットルーター

2017年04月11日 16時50分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エレコムは4月11日、5人家族での使用を想定した11ac規格対応無線LANギガビットルーター「WRC-1167GHBK2-S」を発表した。価格は8305円で、4月下旬から発売する。

 WAN・LANポートがギガビットに対応するほか、「MU-MIMO機能」を搭載。MU-MIMO機能対応端末は、2台同時に通信/処理できる。

 また、デュアルコアCPU搭載で5GHz帯と2.4GHz帯の同時通信時に発生する処理待ち時間を解消。複数の端末が同時に接続しても快適に通信できるという。

 離れた場所でも集中して電波を送信できる「ビームフォーミングZ」機能も搭載。「ルーターモード」と「アクセスポイントモード」のほかに、有線ポートしか持たないネットワーク機器を無線化できる「子機モード」、電波の送信エリアが広がる「中継器モード」の合わせて4モードを利用可能だ。

 導入はアプリやCD-ROMを使わず、スマホやパソコン単体でウェブブラウザー上から設定ができる「かんたんセットアップ2」に対応する。Wi-Fi設定およびインターネットへの接続設定が簡単としている。

 Wi-Fiの暗号化は、信頼性の高いWPA2-PSK(AES)に対応。さらに製品の機能は、自動的に最新版に更新され、常に新機能やバグ修正済みの状態で使える。

 また、「こどもネットタイマー2」を搭載し、無線LANでインターネットに接続するモバイルゲーム機やスマートフォンのネット接続時間を制限可能。別売のオプションライセンスを購入すると、有害なサイトから子供を守る「Webサイトフィルター機能」が利用できる。

 5GHz帯・2.4GHz帯で、それぞれ独立した高感度の内蔵アンテナ(2×2)を搭載。通信速度は規格値で5GHz帯(11ac/n/a)は867Mbps、2.4GHz帯(11n/g/b)は300Mbps。そのほか仕様は以下のとおり。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース