このページの本文へ

Steamコントローラーをスキンでカスタマイズ

リンクス、Steam公式ハードウェア製品の取り扱いを開始

2017年03月31日 18時40分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Steamコントローラースキン(左上より、Aperture/CSGO ブルー カモ/CSGO ブルー オレンジ/CSGO グレー カモ)

 リンクスインターナショナルは3月31日、Steamの公式ハードウェア、「Steamコントローラーアクセサリー」の取り扱いを開始した。

 Steamコントローラーは、FPSやシミュレーションゲーム、MOBAをはじめとしたすべてのSteamゲームのプレイが可能になりカスタマイズ設定にも優れたゲームコントローラー。Steamコントローラーアクサリーは、交換用のワイヤレスレシーバーやカスタムバッテリーカバー、ケースのほか、コントローラーを好みのデザインにカスタムできる「スキン」4種が用意される。

カスタムバッテリーカバー(左)はレシーバーをしまっておける/キャリーケース(右)はレシーバーやエクステンダー、単3電池も収納可能

 価格は、ワイヤレスレシーバーが1728円、カスタムバッテリーカバーが1296円、キャリーケースが2692円、コントローラースキンは各1296円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ