このページの本文へ

デュアルトラックパッドによる新しい操作性を試してみよう

テレビでSteamをプレーできる公式デバイス「Steam コントローラー」「Steamリンク」国内発売

2016年11月25日 13時02分更新

文● 田沢/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 デジカは11月24日、ゲーミングプラットフォーム「Steam」の公式ハードウェア「Steam コントローラー」「Steamリンク」の日本国内販売を開始した。

 Steamコントローラーの特徴である「デュアルトラックパッド」は、トラックボールやアダプティブセンタリングジョイスティックなどの仮想制御を介した1:1の絶対位置入力をサポートしている。ゲームに応じてパッドの設定を変更でき、FPSやシミュレーションゲーム、MOBAをはじめとした全てのSteamのゲームをプレーできる。また、ジャイロスコープと加速度センサーによるチルトステアリング機能のモーションコントロールやHDハプティクスを搭載している。

 接続は有線と無線に対応。無線通信範囲はおよそ5m。バッテリーは単3電池で、同梱のテスト用AA電池で最大80時間の標準ゲームプレーが可能。価格は7344円。

 SteamリンクはSteamをインストールしているコンピューターと接続することで、TVを通してSteamタイトルをプレーできる。設定はSteamリンクをテレビと家庭内ネットワークに接続するだけで、Steamを実行しているコンピューターを自動検出するという。

 解像度は1080pで、フレームレートは60 FPS。有線100Mbit/s ファーストイーサーネットと無線802.11ac 2×2 (MIMO) に対応。Bluetooth 4.0を搭載。インターフェースはUSB 2.0×3、HDMI。Steam コントローラ、Xbox One/360有線コントローラ、Windows用 Xbox 360 無線コントローラ、Logitech 無線ゲームパッド F710、キーボードとマウスに対応。価格は7344円。

カテゴリートップへ

facebook

お便り募集

入門記事まとめ

メンバー紹介

  • カクッチ

    カクッチ

    スプラッター・ホラー系FPSが大好物のドS系ボス。使用PCパーツは当然最上位

  • アキラ

    アキラ

    MOBAやRTSなどeスポーツタイトル好き。ミドルレンジのPCパーツで最適解を探る

  • つばさ

    つばさ

    ゲーム動画担当。CPUの端子を素手で触るという豪快さに一抹の不安が残る自作超初心者

  • イッペイ

    イッペイ

    大紅蓮丸や大風連丸などムチャな自作ならこの人。MMORPGはぼっちでがんばる

  • ハッチ

    ハッチ

    2次元を追求する“VRアダルティスト”。アーケードゲームにも造詣が深い

  • マツノ

    ショータ

    FF14やPSO2を現役でプレイし続けるMMORPG好き。控えめに見せかけて実は辛辣

  • キタムラ

    キタムラ

    日課はアキバのパトロール。自作パーツの掘り出しものを見つけるのが生きがい