このページの本文へ

世界三大銘木の高級木材「ウォールナット」を採用

パナソニック、高級木材のプレミアム扇風機12万円で登場

2017年03月29日 18時10分更新

文● 田沢/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 パナソニックは3月29日、プレミアムリビング扇風機「RINTO(リント)F-CWP3000」を発表した。発売日は5月20日で、市場予想価格は12万円前後。

 支柱部分には世界三大銘木の高級木材「ウォールナット」を採用。木材を深くまっすぐにくり貫く独自の「深孔加工技術」や削り出し技術により、無垢の一枚板から途切れの無い杢目(もくめ)の支柱を形作っている。

 背面のモーター部をコンパクト化し、表面からはネジやビスが見えないように設計。羽根にはべっこう色を採用し、本体を支えるベースは漆黒色でカラーリングしている。

 羽根全体を流線型デザインにすることで回転時の空気抵抗を減らした。風速の変動幅が小さく、バランスの取れためらかな風を送り出すという。パナソニックの風技術「1/fゆらぎ」と掛け合わせることでより心地よい風を実現する。温度センサーを搭載し、室温に応じて自動で運転オン/オフや風量を調整し、リラックス時や睡眠時などで運転を制御する。

 サイズは幅380×奥行き380×高さ1136mmで、重量は5.6kg。モーターはDCモーター。風量切替は8段階。首振り角度は60度/75度/90度。切タイマーは1時間/2時間/4時間。

カテゴリートップへ