このページの本文へ

ボール扇風機『Q』宇宙戦艦ヤマト2202Ver.

パナソニック「波動砲扇風機」発表

2017年02月06日 11時00分更新

文● 盛田 諒(Ryo Morita)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ヤマトの諸君、何だねこれは。

 パナソニックのボール型扇風機「創風機Q」に、劇場版『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』Ver.登場だ。予価は大人の7万5000円。送風部分のLED照明が波動砲を思わせるブルーに光る。銀色と赤色のヤマトカラー、パッケージも館内備品調で、333台限定発売だ(宇宙戦艦ヤマト2202でヤマトは全長333m)。暗くしたリビングに置いておけば波動砲を浴びながらヤマトを鑑賞できる。

創風機Q F-BP25TA-S
5月10日発売予定 予価7万5000円
パナソニック
http://panasonic.jp/fan/q/bp25ta.html

 「創風機Q」はボール型の扇風機。6つの吸気口から空気を充填し、風量を7倍にして発射する大風量機構をそなえる。ろくろのように回転する台座に乗せると360度くるくる首を回す。ヤマトVer.のベースモデルとなった新製品「F-BP25T」は、本体中央のLED照明がブルー/オレンジに点灯。間接照明としてダーク系SFのような雰囲気を出す。なお点灯するのは送風時のみで照明としては使えない。デザイン以外の性能と機能はヤマトVerとまったく同じで、予価5万円。

ベースモデル「F-BP25T」
LED照明がブルー/オレンジに輝く

 それにしても「デス・スター」「TOHOシネマズのロゴ」「波動砲撃ちそう」など親しまれていたデザインがついに公認だ。創風機Qは日本製。メイド・イン・ジャパンを表現すべく、1年前には限定版の漆塗りモデルを発売した。2年目の限定モデルには、日本製アニメの宇宙戦艦ヤマトが選ばれたというわけ。なんと映画本編にも備品という形で登場するらしい(第2章予定)。アスキーでとりあげたとき「波動砲を発射しそうなデザイン」と表現してしまったこともあり、少し責任を感じる。

ヤマトシルバーになった創風機Q
COSMO NAVYのロゴが
オレンジ。熱源がありそうに見える
ブルー。波動砲カラー

 それではどうぞご一緒に。

 波動砲発射用意。エネルギー弁閉鎖。エネルギー充填開始。セイフティーロック、解除。ターゲットスコープ、オープン。電影クロスゲージ明度20。エネルギー充填120%。総員、対ショック、対閃光防御。最終セイフティー、解除。(ここで創風機の電源を入れる)発射10秒前……9……8……7……6……5……4……3……2……1……波動砲、発射!

売れるといいですね!

SPEC
モーター DCモーター
風量切替 5段階
首振り角度 60度、90度、120度、180度、360度
切りタイマー 1時間、3時間
1/fゆらぎ ○
消費電力 最大21.5W
サイズ 幅250×奥行き250×高さ336mm(スタンド含む)
重量 2.8kg(スタンド含む)
コード長 1.8m


■関連サイト



盛田 諒(Ryo Morita)

1983年生まれ、記者自由型。戦う人が好き。一緒にいいことしましょう。Facebookでおたより募集中

人気の記事:
谷川俊太郎さん オタクな素顔」「爆売れ高級トースターで“アップルの呪縛”解けた」「常識破りの成功 映画館に革命を」「小さな胸、折れない心 feastハヤカワ五味

カテゴリートップへ