このページの本文へ

MoguraVRのゲームとって出し第30回

忍び寄って一撃で仕留める爽快感!

忍び寄る緊張感がたまらない! VRステルスアクションゲーム「Budget Cuts」

2017年03月28日 14時30分更新

文● やましん/Mogura VR

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今回紹介するのは名作ゲームであるメタルギアシリーズのようなステルスアクションを体験できる「Budget Cuts」だ。「Budget Cuts」は警備厳重な施設を探索しながらゴールを探していくゲームだ。警備ロボなどの様々な障害を排除していくが、攻撃方法や探索方法はVRならではといえるものが多く斬新なゲームとなっている。

 探索をしていくと様々なところに警備ロボが配置されている。捕まると即ゲームオーバーになってしまうため難易度は高い。見つかっても接近される前に倒せば問題ない。武器はナイフがメインだが、投げて使用するため慣れないうちは明後日の方向に飛んでいくことも多い。ロボの近くに落ちてしまうと警戒モードとなり警備が厳重になるので一撃で倒せるように練習しておくのが賢明だ。

 移動はワープで行なう。信号弾のような大きな球を撃ち。それが着弾したところにワープすることができる。よく考えないでワープすると警備ロボにばったり出くわすこともあるため注意が必要だ。

 警備ロボに出くわすのを避けるために便利なのが、ワープ先を確認できる機能だ。ワープする弾を打ち出した後に手元に表示される。コントローラーを動かして周囲を確認して、安全ならワープをしよう。

 ナイフ以外にボウガンも用意されている。ナイフより射程も長く狙いやすくなっているが、それでもよく狙わなければ当てるのは難しい。矢もあまり多くは手に入らないため、ここぞというときに使うのが賢明だ。

 実際に身をかがめたり、柱に身を隠すなど本格的なステルスゲームが味わえる本作。しかし難易度は高めで、特にナイフを投げるのにコツが必要でいざというときに当てられないでゲームオーバーになることも頻繁にある。ロボもそれなりに頭がいいため、気を付けなければこちらが翻弄されることになる。しかし、無料でここまで緊張感のあるゲームはほかにはあまりない。ステルスゲームが好きなプレイヤーは必見の作品となっている。

 現在配信されているのはデモ版であるが、他のVRゲームと比べても見劣りしないボリュームになっている。製品版は今年中のリリースとなっており、期待が寄せられている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

絶叫&興奮!「VR ZONE SHINJUKU 」をアスキー軍団が全力体験

VR体験動画一覧はこちら!