このページの本文へ

360度全天周カメラ搭載の1万円台ドライブレコーダーが発売開始

2017年03月25日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 360度の水平撮影に対応した「全天周360度 ドライブレコーダー」が上海問屋から発売。ドスパラ秋葉原本店2階の上海問屋にて、1万3888円(税抜)で店頭販売中だ。

全天周撮影対応のリーズナブルなドラレコが上海問屋から発売された

 死角を補足する半球体カメラを備え、360度の全天周撮影に対応したドライブレコーダー。撮影した動画は、マルチウィンドウ、フロント&バック、球面、ワイドアングルの計4モードで視聴できる。再生および停止状態を問わず、タッチ操作で確認したいアングルに動かすことも可能だ。

 ディスプレーは800×480ドットの4型液晶を搭載。イメージセンサーは300万画素で、1440×1440ドットの高画質録画に対応し、エンジンに連動して自動で録画をON/OFFする。当て逃げや車上荒らしに効果的な駐車監視機能も備え、駐車中に衝撃を感知した際、自動で約11秒間の映像を録画可能だ。

半球体カメラによるグルリ360度の撮影が可能で、映像は4つのモードに切り替えて確認できる
メディアにはmicroSDカードを使用。付属のシガーチャージャーを接続するminiUSBも備える

 録画メディアは最大32GB(Class6以上推奨)のmicroSDカードで、1/2/5分ごとに新しい動画ファイルを生成。自動で古いデータを上書きして録画を繰り返す。500mAhリチウムポリマー電池を内蔵するほか、シガーソケットを利用した給電に対応する。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART