このページの本文へ

やっぱりスマホ新製品に注目! MWC 2017レポート第4回

ファーウェイはやはり「HUAWEI P10」! LeicaカメラにPANTONEカラー、防水・防塵対応!

2017年02月26日 23時20分更新

文● スピーディー末岡/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ファーウェイは27日から開催されるMWC 2017の前日に、スペイン・バルセロナで製品発表会を開催。新フラグシップ「HUAWEI P10」「HUAWEI P10 Plus」を発表した。

 HUAWEI P10/P10 Plusは、薄型のメタル筐体、Leicaとのコラボによるダブルレンズといった特徴はそのまま継承しつつ、さらなる狭額縁化や最新のGorilla Glass 5を搭載。また、防水・防塵対応が追加されている。

筐体デザインは特に側面が従来モデルから印象が異なる。指紋センサーも背面から前面下部に移った。一方で防水防塵に対応

 注目のカメラについては、フロントカメラもついにLeicaとのコラボによるものになったほか、WQHD解像度の5.5型ディスプレーを搭載するHUAWEI P10 Plusには、リアに「Leica Dual-Camera 2.0 Pro Edition」と呼ばれるワンランク上のカメラを搭載。また、レンズのグレードが「SUMMARIT」から「SUMMILUX」にアップ。F値は1.8となっている。

Leicaコラボのカメラは当然さらに進化

 カラバリについては、PANTONEとのコラボを発表。従来からあるミスティックシルバーやローズゴールドのほか、ダージリンゴールド、ダージリンブルー、さらにPANTONEがプッシュしているという「Greenery」なる明るい緑など、インパクトのある筐体色が用意された。

印象的なカラバリが用意されるようだ

 ファーウェイが得意とするネットワーク面では、「First 4.5G LTE Smartphone」として、4×4MIMO技術をサポートすることも明らかにしている。

 発表された価格は、HUAWEI P10(4GB/64GBモデル)が649ユーロ、HUAWEI P10 Plusは4GB/64GBモデルが699ユーロ、6GB/128GBモデルが799ユーロ。なお、スライドで表示された一次出荷国のリストには日本は含まれていなかった。

日本での発売には当然期待したいがどうなる?

 発表会や製品の詳細については順次更新してお届けする。


  HUAWEI P10 HUAWEI P10 Plus
メーカー ファーウェイ
ディスプレー 5.1型液晶 5.5型液晶
画面解像度 1080×1920ドット 1440×2560ドット
サイズ 69.3×145.3×6.98mm 74.2×153.5×6.98mm
重量 約145g 約165g
CPU Kirin 960 2.4GHz+1.8GHz(オクタコア)
メモリー 4GB 4/6GB
ストレージ 32/64/128GB 64/128/256GB
無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応)
OS Android 7.0(EMUI 5.1)
カメラ画素数 リア:12メガ(RGB)+20メガ(モノクロ)/イン:8メガ
バッテリー容量 3200mAh 3750mAh
カラバリ Ceramic White、Dazzling Blue、Dazzling Gold、Prestige Gold、Graphite Black、Mystic Silver、Rose Gold、Greenery Ceramic White、Dazzling Blue、Dazzling Gold、Graphite Black、Mystic Silver、Rose Gold、Greenery

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事