このページの本文へ

スマホに話せば自動でデータ認識してデータを可視化

日本オラクル、集計・分析サービスと音声認識を連動させた新機能を提供

2017年01月06日 18時01分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
BI Ask

 日本オラクルは1月6日、データ集計・分析サービスの新機能としてスマホからの音声で応答する「BI Ask」を追加した。

 同社の提供するデータ分析・可視化するクラウドサービス「Oracle Data Visualization」の新機能。iOS/Android搭載のモバイル端末から音声でデータを要求すれば、データ分析結果をビジュアルで表示する。

 たとえば飲料メーカーの営業であれば、スマホに対して「売上、神奈川、飲料」と話しかけることで「神奈川県の飲料に関する売上データ」を数種類のビジュアルで表示、関連情報なども表示する。

データ分析ツールに慣れていない人への利用だけでなく、作業の最中に手早くデータを取り出すなどのさまざまな利用シーンが考えられる

 BI AskとOracle Database Cloud Serviceの機械学習機能を組み合せることで、ルートセールスや製造工場ので稼働状況確認、店舗や倉庫の在庫管理などさまざまな応用が可能としている。Oracle Data Visualization Cloud Serviceの価格は9000円(1ユーザー当たり月額税抜価格、5ユーザーから、データ容量50GB)。

カテゴリートップへ

開発者の生の声を聞く『熱量IoT』