このページの本文へ

今冬こそVRデビュー HTC VIVEマル得情報 ― 第6回

未来のデートはVIVEで決まり!?

VRビリヤード「Pool Nation VR」で2人の世界へGO!

2016年12月20日 16時00分更新

文● ジサトラ ハッチ 画像協力:Mogura VR

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
プレイヤーは手と顔のみのアバターで表現されるが、両手の動きや顔の挙動により、割と感情が読めるのでおもしろい

 VRのオンライン対戦ゲームは、離れた人ともチャットで話をしながらプレイが可能。外に出る手間もなく、VRといった閉じられた世界で、他の人の干渉を受けることなく楽しめる。

 そんな、VRオンライン対戦ゲームでオススメなのがVIVEで本格ビリヤードやダーツが遊べる「Pool Nation VR」だ。ビリヤードが楽しめるゲームはほかにもあるが、その中でも本作は特に完成度が高い。

 両手のコントローラーを駆使することにより、かなりリアルなビリヤード体験が可能。キューでついたときのボールの物理挙動はかなり忠実で、高い現実感を得られる。

 本作はCPUと戦うモード以外に、オンラインモードでマッチングした相手とも戦える。不特定多数の人以外に、自分がホストとなり、フレンド呼んで楽しめる。ボイスチャット機能も備えるため、相手もVIVEを持っていれば、家にいながら離れたカノジョとVRデートができるのだ。遠距離恋愛をしている人には特に有効かも。

オンライン対戦では自分がホストとして部屋をつくり、Steamのフレンドから任意に選んで対戦することができる

 周囲の家具や瓶をつかんで投げてキャッチボールができたりといった遊び要素もあり、ビリヤードをしながらワイワイVR空間でやりたい放題することもできる。

瓶や椅子となんでもつかんで投げることも可能。VIVEのコントローラーならではの操作で遊びまくれ!

 CPU対戦では難易度も設定できるので、ビリヤード初心者でも安心だ。CPU対戦で腕を磨けば、カノジョにカッコいいところを見せるチャンスだ。今冬はカノジョの分と一緒にVIVEを購入し、VRの世界を満喫しよう。

 VIVEはドスパラ、ユニットコム系列、TSUKUMOの一部店舗で体験も行なえる。2016年12月15日(木)から2017年1月3日(火)体験ブース終了時間までの期間内に、専用のWeb予約ページからデモの予約を行ない、予約した日時に体験を行なった人を対象に、抽選で150名に総額30万円分のWebMoney(1000ポイント)がもらえる「VIVEを体験してWebMoneyポイントを手に入れよう!」キャンペーンが行なわれる。VIVEで使えるVRアプリやゲームの購入にも使えるので、この機会にぜひVIVEを体験して、VIVEの購入を検討しよう。

【キャンペーン名】VIVEを体験してWebMoneyポイントを手に入れよう!
~抽選でSteamで使えるWebMoney(総額30万円分)をプレゼント!!~

【実施期間】2016年12月15日(木)~2017年1月3日(火)体験ブース終了時間まで
【キャンペーン対象】Web予約システム(https://www.vivedemo.jp/jp/search)を経由して、上記で予約した日時に体験を完了する。
店頭予約は対象外
【プレゼント】WebMoneyギフトカード 1000ポイント(150枚)

 SteamにはSerious Sam VR: The Last Hope以外にもかなり多くのVIVE対応ゲームが配信、続々新作が追加されている。Steamは50%など、割引率の高いセールも多く行われているのも特徴。長い冬休みを使って、ゆっくりVRゲームを楽しむために、今こそVIVEを購入することをオススメしたい。

(提供:HTC)

カテゴリートップへ

この特集の記事