このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

LEVEL∞の15.6型ゲーミングノートPC「Lev-15FX097-i7-TNSV」を検証

デスクトップCPU&GTX 1070搭載ノートはVRと相性抜群だった

2016年10月31日 11時00分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Lev-15FX097-i7-TNSV」

 2016年、HTC ViveやOculus Riftなどのヘッドマウントディスプレーが話題となり、PlayStation VRの登場によって今後さらに注目を浴びるであろうVRコンテンツ。PlayStation VRは、PlayStation 4とPlayStation Cameraがあればプレイできるのに対して、HTC ViveやOculus Riftは、VRを快適に動作させるパソコンが必要だ。

 VRは、90fps以上の描画を維持しないと酔うとされているので、それなりにパワフルなパソコンが必要となる。特にグラフィックスカードはNVIDIAだとGeForce GTX 1080/GTX 1070/GTX 1060くらいはほしい。なので、イベントなどでVRコンテンツを体験できるコーナーに行くと、VRヘッドマウントディスプレーはデスクトップパソコンと接続されているのがほとんどで、VRコンテンツをプレイしたい人が購入を検討しているのもデスクトップパソコンではないだろうか。

 イベントなどでVRコンテンツを紹介しているのをみると、必ずここまでデスクトップパソコンを持ってくるのは大変だったろうなと思う。また、自宅でVRコンテンツをプレイする場合、デスクトップパソコンとVRコンテンツがプレイできる空間のほかに、ディスプレイを置くスペースもないとプレイできない。

 そこで私がオススメしたいのが、ノートパソコンという選択肢だ。ノートパソコンであれば、デスクトップパソコンと比べればイベントなどに持っていくのも楽だし、自宅でもセッティング場所を比較的簡単に移動できる。ノートパソコンでVRコンテンツを快適にプレイできそうなマシンはなかなかないが、最近はGeForce 10シリーズを搭載するマシンもちょくちょく見かけるようになってきた。今回は、その中でもゲーミングブランド「iiyama PC LEVEL∞」の15.6型ノートパソコン「Lev-15FX097-i7-TNSV」を紹介したい。Lev-15FX097-i7-TNSVは、デスクトップ用のCPUとGeForce GTX 1070、M.2接続の256GB SSD、1TB HDDを搭載する、ハイスペックなノートパソコンだ。

通常のゲーミングパソコンよりゴツイ筐体だが、デスクトップパソコンと比べるとコンパクト
試用機の主なスペック
製品名 Lev-15FX097-i7-TNSV
CPU Core i7-6700(3.4GHz)
グラフィックス GeForce GTX 1070(8GB GDDR5)
メモリー 16GB
ストレージ 256GB SSD(NVMe対応M.2 SSD)、1TB HDD
ディスプレイ 15.6型(1920×1080ドット)
光学式ドライブ
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.2
インターフェース USB 3.0端子×3、USB 2.0端子×1、HDMI端子×1、Mini DisplayPort×2、ヘッドフォン、S/PDIF光出力端子×1、マイク入力端子×1、ライン入力端子×1、USB 3.1/Thunderbolt 3兼用ポート(Type-C) ×1、USB 3.1端子(Type-C) ×1など
サイズ/重量 およそ幅386×奥行267×高さ44mm/約3.6kg
OS Windows 10 Home(64bit)

前へ 1 2 3 4 次へ