このページの本文へ

McAfee Blog

ウィルスの実行コード「ペイロード」についてあなたは説明できますか?

2016年12月13日 16時07分更新

文● McAfee

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 「セキュリティに対する重要性は理解したけれど、用語が難しくて」という声を聞くことがよくあります。そんな方に、「今だから学ぶ!」と題して、連載でセキュリティの頻出用語を解説します。第39回は、「ペイロード」についてです。

 ペイロード(payload)は、IT用語ではデータ伝送されるパケットのヘッダー部を除いたデータの本体を指します。セキュリティ用語で利用する場合、同様の意味で用いることもありますが、マルウェアにおける悪意のある動作をする部分のコードを指すこともあります。今回は、主に後者に絞って説明します。

 ペイロードは、多くの場合エクスプロイトにおいてデータを破壊する操作を実行するコードとして配布されます。エクスプロイトとは、システムの脆弱性を攻撃するプログラムのことです。主にInternet Explorer、Firefox、ChromeなどのWebブラウザーの脆弱性を狙ったり、ブラウザーからアクセス可能なプログラムであるAdobe Flash Player、Adobe Reader、Javaなどのセキュリティホールも悪用したりします。このエクスプロイトをすぐに利用できるソフトウェア パッケージにしたものを、エクスプロイト キットといいます。

 ペイロードに含まれる悪意のあるコードには、アクセスしたウェブサイトから悪意あるプログラムをダウンロードしてインストールさせたり、システムのパフォーマンスを低下させる動作を行ったりするもの、個人情報を収集するものなど、さまざまなものがあります。

 2014年後半から猛威を振るったAnglerエクスプロイト キットは、熟練した技術がなくても使用でき、闇市場で簡単に入手可能です。Anglerは、ファイルレスの感染、仮想マシン、セキュリティ製品の検出を回避する機能などに加えて、配布するペイロードも、オンライン バンキングを狙うトロイの木馬ランサムウェアバックドアなど、さまざまな種類のマルウェアにわたっています。

 また配布するペイロードに、一度にすべての悪意のあるコードを含ませる場合もあれば、不正なコードを段階的に分けて展開する場合もあります。こうすることで、インストールするときに、承認確認がたくさん出るといったことを回避したり、一見しても中身がわかりにくくすることが可能になります。

 OS、Java、Webブラウザーやウィルス対策ソフトウェアなど、使用するソフトウェアを常に最新にし、脆弱性に対処しておくことが大切です。

カテゴリートップへ

30秒でわかるマカフィーリブセーフ!


新世代のセキュリティサービス「マカフィー リブセーフ」に迫る

一覧へ

McAfeeウイルス駆除サービスバナー

McAfeeウイルス被害疑似体験サイトバナー

「ドコモ あんしんナンバー チェック」のサービス提供対象やご利用方法などの詳細はNTTドコモのウェブサイトをご覧ください。

スマートフォンから PCなどから