このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

価格5万6980円から! AMD「A8-9600」搭載デスクトップを大紹介

2016年12月01日 10時00分更新

文● ハイサイ比嘉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ユニットコムのiiyama PCブランド「STYLE∞ M」(スタイル インフィニティ)シリーズは、MicroATXフォームを採用しデスクトップPCだ。サイズは約幅173×奥行き40×高さ360mmとコンパクトで、シンプルなデザインのミニタワーケースを採用している。今回は、この「STYLE∞ M」シリーズのうち、AMDの最新APU「A8」を搭載した「Stl-M03A-A8-EZS」を紹介したい。しっかりとした基本性能を備え、コストパフォーマンスが高いPCがほしい人には注目してほしい製品なのだ。

「STYLE∞ M」シリーズの「Stl-M03A-A8-EZS」
筐体デザインは、シンプルでオーソドックスなもの。奇をてらわず基本をおさえた印象で、パーソナル用途・ビジネス用途のどちらで利用してもすんなりと溶け込むはず

 「Stl-M03A-A8-EZS」は、天面側に電源スイッチがあり、フロント部分に光学式ドライブ、開閉式パネルを配置している。開閉パネルを開けると、USB 3.0端子×2、マイク入力、ヘッドホン端子が現われる。これらはすべて筐体上部側にあるため、足下に置いても手を伸ばしてアクスセスしやすく、不要な場合はパネルを閉じておくことでホコリなどがたまらないようにできる。

天面側に電源スイッチがあり、フロント部分に光学式ドライブを採用。BTOでBlu-ray DiscドライブかDVDスーパーマルチドライブを指定できる
開閉パネルを開けると、USB 3.0端子×2、マイク入力、ヘッドホン端子が現われる

背面側にはUSB 3.0×4、USB 2.0×2を搭載

 背面側には、映像出力としてHDMI端子、DVI-D端子、アナログRGB端子を搭載。インターフェースとしてUSB 3.0端子×4、USB 2.0端子×2、PS/2端子×2、シリアル端子(D-Sub9ピン)を採用している。低価格帯のデスクトップPCながらインターフェースは非常に充実している状態で、接続する周辺機器が多い方でもあまり困らないだろう。サウンド関連では、ライン出力、ライン入力、マイク入力などの端子を採用だ。

背面側には、HDMI端子、DVI-D端子、アナログRGB端子を搭載。またインターフェースとしてUSB 3.0端子×4、USB 2.0端子×2、PS/2端子×2、シリアル端子(D-Sub9ピン)を採用している
主なスペック
製品名 Stl-M03A-A8-EZS Stl-M03A-A12-FZS Stl-M03A-A12-FZR
直販価格(税別) 5万6980円 6万2980円 6万7980円
CPU AMD A8-9600(3.1GHz)、TDP65W AMD A12-9800(3.8GHz)、TDP65W
チップセット AMD A320(ASUS A320M-C/MicroATX)
メインメモリー(最大) 4GB(32GB) PC4-17000 DDR4-2133 8GB(32GB) PC4-17000 DDR4-2133
グラフィックス機能 AMD Radeon R7 Graphics(APU統合)
ストレージ 240GB SSD(SATA III) 240GB SSD(SATA III)、1TB HDD(SATAIII)
光学式ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
LAN機能 有線LAN(1000BASE-T)
インターフェース HDMI、DVI-D、アナログRGB、USB 3.0端子×6、USB 2.0端子×2、PS/2×2、シリアル(D-Sub9ピン)
拡張スロット PCI Express (2.0)x1 ×2、PCI Express (3.0)x16(APU搭載時x8動作)、PCI
ドライブベイ 2.5/3.5型×1、3.5型×3、5.25型×2
サウンド機能 ラインイン、ラインアウト、マイク入力端子
電源 450W(80PLUS STANDARD)
本体サイズ 約幅173×奥行き400×高さ360mm
OS Windows 10 Home(64bit)

前へ 1 2 次へ