このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ケース前面にデザインできる空気口(AIR VENT)を搭載、コンテスト結果も発表

PCを自分流に染めるなら、ケースもデザインできる「LEVEL∞ 新型C-Class」でどうだ

2016年11月22日 13時00分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
LEVEL∞ 新型C-Class

 パソコンを購入して知識がついてくると、段々こだわりが強くなってくる。初めは特定のゲームをプレーするためにGPUを変更してみたり、空きベイにSSDを追加してみたり、質の高い電源にしてみたり。そこからさらに、ケーブルの取り回しや色が気になってきたりすると、自分だけのパソコンに仕上げたいという、オリジナルへのこだわりが出てくる。

 ケース内部は、パーツのメーカーの違いや配置、組み合わせなどで、存分にオリジナリティー発揮できる。ただ、ケース本体は、もちろんケースごとに特徴や仕様が異なるが、自分だけのデザインのケースというのはMOD PCという高みに挑戦でもしない限りは、難しい。

世界に1つだけのオリジナルデザインのケースが作成できる!

AIR VENTは交換可能。右の写真はAIR VENTを交換したもの

 そんな中、「iiyama PC LEVEL∞」ブランドのコンパクトなケースを採用するゲーミングパソコン「C-Class」がデザインをリニューアルし、フロントに空気甲(AIR VENT)を備えたデザインへと大きく生まれ変わった。このLEVEL∞ 新型C-Classは、フロントのAIR VENT部分を自分でデザイン可能なので、自分だけのオリジナルデザインのケースが作成できるのだ。

 LEVEL∞ 新型C-Classは、ケース前面に外気を取り込むための空気口(AIR VENT)を採用している。AIR VENTは、ラウンド形状となっている箇所そのものが取り外しでき、別のデザインのAIR VENTと交換が可能。AIR VENTは、3Dプリント技術を使ったものづくりマーケットプレイス「rinkak」のウェブサイトで自分自身でデザインしたものを好みのマテリアルで出力できるほか、ほかの人が作成したデザインを購入したり、自分のデザインのAIR VENTを販売することも可能だ。

デザインと機能面を両立したケース

C-Classのデザインをリニューアルしたモデルだが、コンパクトさはそのまま

 では、LEVEL∞ 新型C-Classは実際にどんなマシンなのかを紹介する。今回は、Core i7-6700(3.4GHz)、GeForce GTX 1060(6GB GDDR5)、8GBメモリー、480GB SSDを搭載する「Lev-C117-LCi7-RNS」を試用してみた。

 Lev-C117-LCi7-RNSのサイズは、およそ幅178×奥行388×高さ296mmとコンパクトでミドルタワーパソコンやミニタワーパソコンが置けないスペースにも設置できる。加えて、最大350mmまでのグラフィックスカードを搭載できたり、最大3台までのストレージ構成が可能など、拡張性にもすぐれている。限られた環境でもハイスペック構成のパソコンを設置したいという人にオススメのマシンだ。

 従来のC-Classから大きく変化したのが、前面の通気口「AIR VENT」。デザインだけでなく吸気口として外気を取り込み、背面と側面から排気することでケース全体を効率よく放熱するという機能も持っている。従来のC-Classと比べて側面に簡易水冷クーラー用の排気ファンを新たに搭載。よりパワーアップしている分、少しファンの音が大きくなっているので、FPSなど足音なども敏感に聞きたいという人はゲーミングヘッドセットを用意する必要があるだろう。

新たに側面に簡易水冷クーラー用の排気ファンを搭載

 また、AIR VENTについているファンはオプションでLEDライトを追加できる。色はレッド、グリーン、ブルーが選択可能なので、より派手なケースにしたいという人は選択することをオススメする。

ファンはオプションでLEDライトを追加できる

 インターフェースは、USB 3.1端子×2、USB 3.0端子×4、USB 2.0端子×2、DVI-D端子、HDMI端子、DisplayPort、アナログ8chサウンド(ライン出力×1/ライン入力×1/マイク入力×1/センター・サブ出力×1/リア出力×1/サイド出力×1)など。従来のC-Classと同じく前面サイドにUSB 3.0端子×2が配置されているので、背面に接続するよりかはゲーミングマウスやキーボードの取り回しがしやすい。

背面のインターフェースも豊富
前面右側にUSB端子を配置

 天面はスライドできるようになっており、オプションでDVDスーパーマルチドライブを選択すれば、天面からディスクの出し入れが可能だ。私は音楽はCDで購入する派で、スマートフォンに音楽を入れる場合は光学式ドライブを内蔵したパソコンが必要不可欠なので、ドライブが選択できるのはありがたいと思った。

天面はスライドする

前へ 1 2 3 次へ