このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ファーウェイ通信第35回

ファーウェイの人気スマホにau回線を用いるUQ mobile版が登場!

端末も料金もオトク度高めな「HUAWEI P9 lite PREMIUM」の実力を見る!

2016年12月05日 11時00分更新

文● ドロイドさん(アスキースマホ総研

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 SIMフリースマートフォンやモバイルルーターなど、ファーウェイ製端末の魅力をお伝えしている「ファーウェイ通信」。今回はオトクな通信料金でテレビCMでもおなじみのUQ mobileから販売される、「HUAWEI P9 lite PREMIUM」(以下、P9 lite PREMIUM)を詳しく紹介する。人気スマホをベースに、au回線を用いるUQ mobile向けにカスタマイズ&性能アップした本機の実力を見る!

今ウワサの格安スマホサービス「UQ mobile」から、ファーウェイ製スマホの新モデルが発売!

あの超コスパな人気モデルをベースにしたスマホが
料金のお得さで知られるUQ mobileから発売

 P9 lite PREMIUMが、今夏発売されたSIMフリースマホの人気モデル「HUAWEI P9 lite」(以下、P9 lite)をベースにしていることは製品名からもわかるとおり。実際、ネットワーク対応や一部のスペックには変更が加わっているが、カラバリや外観などは同じである。

外観的には今夏リリースの「HUAWEI P9 lite」から基本的に変更点は無い

 そのベースモデルとなるP9 liteが、現在SIMフリースマホの中でトップクラスの人気を誇るワケは、なんといってもその圧倒的なコストパフォーマンスにある。

 2万円台半ばとミドルクラスとしても安価なのにも関わらず、ワンランク上の性能を持っている。この高コスパをそのまま受け継ぎながら、メインメモリーを3GBにするなど、スペックをさらに高め、しかも安価なUQ mobileのプランで利用できるのだから、注目されるのは当然と言える。

 とはいえ、このP9 lite PREMIUMで、まずチェックしたいのは筐体デザインや外観の良さだ。側面のアルミ合金を採用したメタルフレームは上位モデルの「HUAWEI P9」譲り。このデザインは最近のファーウェイ製端末では幅広く採用されており、同社のアイデンティティーを感じさせるものになっている。

側面のメタルフレームとダイヤモンドカットが美しい。フラグシップ級スマホと比較しても引けを取らない

 さらに約7.5mmの薄型ボディーに加え、大きすぎない約72.6mmの横幅で片手操作もまったく問題がない。さまざまなプロファイルのユーザー層に受け入れられそうだ。

ゴールドは背面にヘアライン加工が施されている
最近では標準的な5.2型モデルで片手操作も十分に可能

 カラバリは今回テストに用いているゴールドのほかに、ブラック/ホワイトの計3色が用意されている。特にゴールドは背面にヘアライン加工があり、“PREMIUM”の製品名にも合っているという印象だ。シックという意味では、ブラックやホワイトも魅力的。ここは単純に好みの問題になるだろう。

こちらはシンプルで清潔感があるホワイトモデル

ファーウェイグローバルブランドアンバサダーでもある
あのメッシ選手がP9 lite PREMIUMの広告に登場!

 国内では主にSIMフリースマホ市場で人気が高まっているファーウェイだが、海外を見ると、スマホの世界シェアで3位の地位を固めるなど、存在感がさらに高まっている。その要因として、ファーウェイグローバルブランドアンバサダーとして、サッカーのスタープレイヤー、リオネル・メッシ選手を起用するなど、ブランドのアピールに務めているのも大きいと言える。

 そのメッシ選手を起用した広告が、国内でも初めてP9 lite PREMIUMで行なわれている。今後、目にする機会が多くなるはずで、サッカーファンのみならず、ぜひチェックしてほしい。

メッシ選手が登場するP9 lite PREMIUMの広告はもう見た?

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事