このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」 ― 第396回

日本語環境が素晴らしいお手軽スマートウォッチ「Pebble Time」を衝動買い!

2016年09月14日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
日本語化ソフトを使えばPebble Timeは値頃感があって便利なスマートウォッチだ
日本語化ソフトを使えばPebble Timeは値頃感があって便利なスマートウォッチだ

 筆者が初めて「Pebble」ウォッチを見たのは2012年頃だったと記憶している。そして翌2013年の5月には米国に住む友人に肩代わりして買ってもらった初代Pebbleの「Kickstarter Edition」を入手して本連載でも紹介した。

筆者が2013年に使っていた初代PebbleのKickstarter Edition 筆者が2013年に使っていた初代PebbleのKickstarter Edition

 その後、世間では、俗にいう“Smart Watch ERA!”(スマートウォッチ時代)に突入し、バッテリーの持ちは最悪だが、鮮明な液晶を搭載し、公式に日本語をサポートした製品が登場。売れ筋スマホとの連携タイアップにより小さな市場を席巻し、飽きやすい性格の筆者はいつの間にかPebbleの存在は忘れ、引き出しの奥に……。

 その後も、何人かの友人から最近のPebbleはよくなった、という話を聞かされても、それほど惹かれることもなく3年の年月が経ってしまった。

 その間、ブラックカラーのKickstarterモデルは人に譲り、懲りることなくまたネットで見かけた一般商用版のレッドバージョンに惹かれて衝動買い。

 念願の赤Pebbleをゲットしたとはいえ、その当時の日本語化と言えば、今もGoogle Playにある「PebbleNoti」や「PebbleNoti Pro」が唯一のアプリだった時代。

 筆者は有料アプリのPebbleNoti Proを導入して使っていたが、いかんせん日本語をビデオに展開してビットマップ型式のページ書き換えで表示する仕組みは、お世辞にもスピーディーとは言えない感じだった。

 しかし、ほかに日本語を表示する仕組みも手段もなく、やむなくしばらくは使っていたが、まがりなりにもキチンとした日本語表示のできるソニーやAndroidスマートウォッチが登場したのを機会に、Pebbleウォッチを使うことはなくなってしまった。

 相変わらず日本市場と日本語化にはツレナイPebbleだが、今年になって、風の噂にPebbleウォッチの新機種の情報や日本語表示フリーソフトでいい物が登場したと聞いて、久しぶりに引き出しの奥から気に入っていた赤いPebbleウォッチを取り出してみた。

久々のPebbleウォッチは日本語環境が大進化!

久しぶりにその後買って使っていなかったPebbleウォッチの赤モデルを引き出しから取り出して新しいバージョンの連携アプリで動作させてみた 久しぶりにその後買って使っていなかったPebbleウォッチの赤モデルを引き出しから取り出して新しいバージョンの連携アプリで動作させてみた
同じPebbleから提供されている「Pebble」アプリが新旧2種類ある 当然、今回は新しい方のアプリをインストールした
同じPebbleから提供されている「Pebble」アプリが新旧2種類ある当然、今回は新しい方のアプリをインストールした

 まずは、PebbleウォッチとBluetooth連携するAndroidアプリを再導入してみようと試みた。どうも現在は、新旧2種類の連携アプリがあり、スマホには当然、新しいバージョンを導入したところ、Pebble本体のバージョンアップも行なうことになった。

日本語言語パックはウェブからスマホのブラウザーで誰でもダウンロードして導入できる 初代のPebbleウォッチも何の問題もなく日本語化が完了した
日本語言語パックはウェブからスマホのブラウザーで誰でもダウンロードして導入できる初代のPebbleウォッチも何の問題もなく日本語化が完了した

 筆者がPebbleを見限っていた間に登場したPebble日本語化アプリは、「日本語言語パック」という名称で最新バージョンは「PblCJK_J08_1.pbl」。

 作者は韓国のCryingnekoさんという方で、最初にPebbleの「韓国語言語パック」を作って、その後、日本のPebbleユーザーさん達と一緒に日本語の言語パックを作られたそうだ。

 スマホのブラウザーで日本語言語パック(PblCJK_J08_1.pbl)をダウンロード、指示にしたがって言語設定のところで「日本語」を選択するだけで、ほとんど自動的に日本語化Pebbleが実現する。

あまりに素晴らしい日本語言語パックだったので、そのせいで「Pebble Time」も衝動買いしてしまった あまりに素晴らしい日本語言語パックだったので、そのせいで「Pebble Time」も衝動買いしてしまった

 その設定のあまりの簡便さと、使い勝手のよさを初代の赤Pebbleで体感したら、今度はやけに現在売られている最新のPebbleウォッチが欲しくなって、アマゾンで販売されていた赤いラバーベルトの「Pebble Time」を約1万2000円で衝動買いしてしまった。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART