このページの本文へ

最新製品が勢揃いした「Interop Tokyo 2016」展示会 ― 第4回

IoTプラットフォームの老舗がいよいよ国内でも本格稼働?

シスコブースでSORACOMの対抗馬Jasperを見た

2016年06月09日 09時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Interop Tokyo 2016のシスコブースでは、今年の2月にシスコが買収したJasper Technologiesの「Cisco Jasper Control Center」が展示されていた。

ほぼ完璧に日本語化されたCisco Jasper Control Center

 Cisco Jasper Control CenterはIoTデバイスのSIM管理を統合的に行なえるサービスで、国産IoTプラットフォームであるSORACOMの対抗馬とも言われている。シスコのブースではほぼ完璧に日本語化されたGUIが披露され、オートメーションエンジンによりアクティベイトから開通まで細かく制御でき、グローバルでの実績が高いことなど、SORACOMをかなり意識した説明が行なわれていた。

月額料金などをグラフ表示可能。ちなみに左上のロゴはオペレーターごとに変更可能回線状況の詳細、オートメーションエンジン、API情報、回線管理などのメニューが一元できる

 もちろん自身がMVNOとしてSIMを提供しているソラコムに対し、Cisco Jasperのビジネスはあくまでオペレーターへの卸売りモデルとなるので、完全な競合とは言い難い。とはいえ、2012年にはNTTドコモ、昨年にはソフトバンクとの提携も果たしているほか、海外大手キャリアの採用も多い。今後、シスコのプラットフォーム製品等とも統合化され、開発・営業体制も拡充されることになるので、ソラコムのグローバル展開においては無視できない存在になるのではないだろうか? 興味深い存在である。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ