このページの本文へ

最新製品が勢揃いした「Interop Tokyo 2016」展示会第2回

新GUIとアプライアンスをInterop Tokyoの会場で披露

クラウドと連携した監視が容易になったZabbix 3.0のデモ

2016年06月08日 16時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ZabbixはInterop Tokyo 2016の展示会場で発表したばかりのZabbix 3.0のアプライアンス「Zabbix Enterprise Appliance ZS-5300」と「ZP-1300」を展示していた。ZS-5300はZabbixサーバーを搭載し、すぐに監視が行なえるアプライアンスとして提供される。一方、ZP-1300はZabbixサーバーの子サーバーとして動作し、Zabbixプロキシとして拠点に配置する用途を想定している。

会場ではZabbix 3.0の新GUIがデモで披露されている

 マルチプラットフォーム対応の運用監視ツールであるZabbixは、OSSとして提供されていることもあり、人気が高い。登場した当初は高価な商用システム管理ツールからのリプレース需要がメインだったが、サポートを提供する日本法人が2012年に設立されて以降は、新規での採用も相次いでいるという。また、オートスケールしたサーバーを自動追従することも可能になっており、クラウドとの親和性も高い。

 アプライアンスに搭載されている最新のZabbix 3.0では、Zabbixサーバー、プロキシ、エージェント間でGnuTLS/OpenSSLを利用した強固な暗号化を実装している。そのため、各拠点にエージェントを配し、クラウド上のZabbixサーバーで集中監視するようなソリューションが構築しやすくなっているという。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ