このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第451回

高級ズーム機「LUMIX DMC-TX1」の望遠を使って猫を撮る!

2016年04月01日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
毛繕いしてた手を止めて「ん?」と振り返ったチャトラ。ちなみに大きくボケてくれた背景は池。背景がシンプルだと手前の猫が際だってよい(2016年3月 パナソニック LUMIX DMC-TX1)
毛繕いしてた手を止めて「ん?」と振り返ったチャトラ。ちなみに大きくボケてくれた背景は池。背景がシンプルだと手前の猫が際だってよい(2016年3月 パナソニック LUMIX DMC-TX1)

 いくつかの不満点を感じながら(特にモニターがチルトしないのは残念。猫目線で撮りたいとき文字通り這いつくばることになる)、先日購入したパナソニックの「DMC-TX1」を愛用していて日々持ち歩いているのはふと見かけた猫をさっと撮るのに丁度良いからである。

 高画質で高性能なカメラでも大きくて重いと移動中はついバッグにしまっちゃうからとっさに取り出せないし、コンパクトで軽くても性能がイマイチだと結局使わなくなっちゃうし、高性能でコンパクトなカメラもあるけどそれだと猫を撮るには望遠が足りない。

 その点、TX1はとっさに出会った猫を撮るには十分な望遠性能を持ちながらコンパクトで画質もそこそこいいので役立つのだ。

 特に望遠。

 町で唐突に出会った猫は大抵こっちを警戒するからあまり近づけない。自然な姿を狙いたいと思ったら望遠が必要になるのだ。

 今回はそんな望遠で撮った自然な姿の猫を。

 冒頭写真がそう。池の方を向いて前足を舐めては毛繕いするチャトラを発見。振り返ってくれないかなーと思いつつ望遠で狙ってたときのヒトコマ。前足が中途半端な位置にあるのは毛繕い中だったからだ。

このように毛づくろっていたのだった。最新のコンデジはレスポンスがいいので、舌が伸びた瞬間を狙って撮れる(2016年3月 パナソニック LUMIX DMC-TX1)
このように毛づくろっていたのだった。最新のコンデジはレスポンスがいいので、舌が伸びた瞬間を狙って撮れる(2016年3月 パナソニック LUMIX DMC-TX1)

 この猫、池のほとりが好きなようで、そっと動きを追ってたら、池から少しだけ顔を出した岩の上に飛び乗ったのである。よく見ると、乾いてるわずかなスペースに器用に足をおいてる。

 このバランス感覚が猫の良さのひとつ。見てる方がひやひやする。

石の上に猫。しっぽが水に濡れちゃいそうだけど、その辺はぬかりないようで(2016年3月 パナソニック LUMIX DMC-TX1)
石の上に猫。しっぽが水に濡れちゃいそうだけど、その辺はぬかりないようで(2016年3月 パナソニック LUMIX DMC-TX1)

 またそんな危なっかしいところへ何をしに行ったんだと思いきや、くるっと背を丸めて水を呑んでいたのであった。やっぱ器用すぎ。

実は水を飲みに来ただけのようです。背中を丸めて器用に池の水を飲んでおります(2016年3月 パナソニック LUMIX DMC-TX1)
実は水を飲みに来ただけのようです。背中を丸めて器用に池の水を飲んでおります(2016年3月 パナソニック LUMIX DMC-TX1)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART