このページの本文へ

あぷまがランキング ― 第15回

今週の1位は「めくって探索 – 神経衰弱型ダンジョン探索」

神経衰弱をRPGに組み入れた異色作!iPhone人気無料ゲームベスト10【2/8~2/14】

2016年02月17日 17時00分更新

文● あぷまがどっとねっと

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 普段は「あぷまがどっとねっと」という、主に個人/小規模開発のiPhoneアプリを紹介するブログを誰にも気づかれることなく更新させていただいておりまして、そこで反響の大きかったアプリをアスキーさんでも紹介させていただいております。

 そんなわけでどうぞよろしくお願いいたします。

10位
「BlackFlower」
TOR株式会社

 「悪い奴らはだいたいトモダチ」という世界観を楽しむゲーム。長いオープニングムービーだなと思いながら、しばらくテキストを読み進めていたのですが、どうやら読んで楽しむテキストノベルゲームのようです。途中に出てくる選択肢で、主人公の運命がガラッと変わったりするかもしれません。

AppStoreアプリをダウンロード

9位
「バットハント」
Masahiro Murakami

 左右への移動ボタンで位置を調整しながら、コウモリの背中を踏みまくり、できるだけ長く空の散歩を楽しみましょう、というドット絵アクションゲーム。特に障害物などは出てこないようなので、ひたすら自分自身の集中力との戦いが続きます。

AppStoreアプリをダウンロード

8位
「ドット上昇中」
SAKAE NAGAHAMAYA

 左右に動く壁の「隙間」を狙って、一歩ずつボール=ドットを進めていくゲーム。時間制限はないようなので、ゆっくり一歩ずつ着実に進んでいけばいいのですが、ついつい焦ってしまいます。人間だもの。

AppStoreアプリをダウンロード

7位
「じゃんけん魂 – 無料で動体視力の限界に挑戦!」
tsutomu satou

 「グー」「チョキ」「パー」のワンセットが、上からどんどん流れてきます。「自分が選んだ手に勝てる手」をずっと選び続けましょう。「グー」を選んだら次は「パー」その次は「チョキ」そして「グー」という具合。電池が続く限り永遠にできそうな気がしないでもないですが、徐々にスピードアップしたりするのかもしれません。

AppStoreアプリをダウンロード

6位
「3_MEW」
masateru ando

 3D視点で楽しむアクションゲーム。グリグリとダンジョンの中を移動し、「鍵」を見つけ「扉」にたどり着くと、ステージクリア。「移動」と「ジャンプ」ボタンと「アタック」ボタンを使いこなせるようになると、ジワジワと面白くなってきます。

AppStoreアプリをダウンロード

5位
「i Cube Puzzle」
naonao.info

 かわいいオカメインコを操作して、Cubeを破壊しながらステージクリアを目指すパズルゲーム。オカメインコの目の前にはたくさんのCubeが並んでいます。そのままCubeを手前に転がすとオカメインコが轢き殺されてしまうので、生き残るために最低限必要なCubeを破壊しましょう。ルールがなかなか難しいですが、理解するとハマる可能性を感じます。

AppStoreアプリをダウンロード

4位
「グンマー大脱出」
Tomoyuki Sasaki

 ちょいちょいネタにされる「グンマー=群馬県」をテーマにした、クッキークリッカー系ゲーム。基本的には見てるだけでオッケー。主人公が勝手に冒険し、お金が貯まっていきます。それを使って装備を強化したり、仲間を増やしたりしながら効率アップ。それをひたすら繰り返し、グンマーの謎を解き明かしましょう。

AppStoreアプリをダウンロード

3位
「PRINCESS NIGHT」
yamato tame

 物語を読んで楽しむテキストノベルゲーム。幼い頃読んだ童話の主人公たちがファンタジーの世界に蘇り、不思議なストーリーが展開していきます。ボイス付きの豪華仕様。現在、第1章のみ楽しめるようで、今後アップデートで追加されていくとのこと。気に入ったら、アプリは消さずに置いておきましょう。

AppStoreアプリをダウンロード

2位
「大集合!ワイワイパーティ」
GameBank Corp.

 自分の分身「アバター」を作り、いろんなミニゲームを1人、または他のフレンドと楽しむアプリ。ミニゲームで稼いだポイントは、実在するECショップの買い物に使えるクーポン券として利用することも可能とのこと。遊びながら稼いでお買い物をし、浮いたお金でガチャを回して、アバターをオシャレにしちゃってもいいかもしれません。

AppStoreアプリをダウンロード

1位
「めくって探索 – 神経衰弱型ダンジョン探索」
shingo asato

 各フロアに8枚用意されているカードを2枚ずつ選び、揃った絵柄によって行動がいろいろ変わる、神経衰弱RPG。「宝箱」が揃ってアイテムをゲットしたり、「扉」がいきなり揃って、次のフロアに行ったり。もちろんバトルも用意されております。こちらは雰囲気がガラッと変わって、ちょっとしたアクション要素あり。

AppStoreアプリをダウンロード

今週のまとめ

 今週のイチオシは1位の「めくって探索 – 神経衰弱型ダンジョン探索」。神経衰弱という誰もが知っているジャンルを、うまくRPGに使っているアイデアが光ります。テンポはイマイチですが、そのあたりは目をつぶってあげてくださいませ。

 最後に「ランクインしなかったけど、これもぜひやってみて!」というオススメアプリをご紹介して締めさせていただきます。

惜しくもランク外! 今週の注目新作アプリ
「転転~コロコロ~」
Shintaro Murayama

 iPhoneを傾けてボールを転がしゴールを目指す、シンプルなゲーム。iPhoneがリリースされたころ、こういう端末の傾きを利用したゲームがたくさん出たのを思いだし、少し目頭がアツくなったのでピックアップさせていただきます。

AppStoreアプリをダウンロード

カテゴリートップへ

この連載の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中