このページの本文へ

Apple噂まとめ ― 第12回

Apple噂まとめ(2/14〜2/20)

3月18日発売のiPhone 5seは史上最強の4インチスマホに

2016年02月21日 16時00分更新

文● 吉田ヒロ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 みなさん、こんばんは。ASCII(週刊アスキー+ASCII.jp)編集部の吉田ヒロでございます。国内外のApple噂系サイトで2月14日から2月20日までに出回った内容をまとめました。中華圏では春節(旧正月)が終わり、部品メーカーの動きが活発になってきました。各社ともiPhone 7に向けての動きを加速させているようです。一方で昨年は春節商戦でも売れていたiPhoneが、今年は失速してしまったそうです。iPhone 6が中国で爆売れしたので、乗り換えるユーザーは少なく、欲しい人には一巡したようですね。

 ここのところの噂の中心である4インチの新モデル、iPhone 5seについては3月15日発表説が現実味を帯びてきました。もう確実といった書き方をしているサイトもありますね。発売は確定としても、気になるのはデザインとスペック。デザインは、iPhone 5sとiPhone 6/6sのハイブリッドと言われていますが、搭載するプロセッサーがiPhone 6sシリーズと同じApple A9だという情報が再び出てきました。同時発表されるiPad Air 3については、iPad Proと同じApple A9Xになるそうです。

 個人的には、日本国内で4インチサイズのスマホを求めているユーザーがどれほどいるか想像がつかないのですが、Apple Aシリーズのプロセッサーは、Android端末が採用する米クアルコム社のSnapdragonなどよりも1コアあたりの性能で優れていることから、iPhone 5seは史上最強の4インチスマホになる可能性もありますね。

2/16 台湾南部地震がiPhone 7の製造に影響か

EMSOneによると、2月6日に発生した台湾南部地震によって、Apple Aシリーズのチップ製造で知られる台湾TSMC社などが、南部サイエンスパークで生産するシリコンウエハーに大きな被害が出たそうです。このため、FST社、TOPCO社の台湾メーカーに緊急発注を始めたとのこと。TSMCは、今秋リリースされると見られるiPhone 7が搭載するApple A10チップの供給を独占すると言われているので、プロセッサーの元素材となるシリコンウエハーの供給減が発生すると、かなりの痛手になるかと。注意深く見守りたいところです。

2/16 AppleがフランスでのApple Payを準備中

iGenerationによると、AppleはフランスでのApple Payサービスを準備中だそうです。2016年前半に発表する準備が進められているそうです。アップルは中国でApple Payのサービスを開始したばかりですが、今度はフランスですね。

2/17 4インチのiPhone 5seはフォックスコンとウィストロンが製造

EMSOneによると、3月にリリースされると見られる4インチの新モデルiPhone 5seは、台湾メーカーのフォックスコン社とウィストロン社が製造を請け負うそうです。2016年通期で3000万台を製造するとのこと。iPhoneは四半期で7000万台ぐらい売れるので、3000万台を4で割ると750万台。少なくないですかね。仮に人気が出たら在庫がすぐ枯渇しそう。

2/17 フォックスコンの1月の営業収益が15%減

EMSOneによると、iPhoneの組み立てで知られる台湾フォックスコン社の2016年1月の営業収益(売上高)が前月比17.59%減、前年同月比14.75%減の約1兆1400億円(3376億500万NTドル)となったそうです。直接の原因は不明ですが、iPhoneの生産量が落ちたことが大きな要因になっていることは容易に想像できますね。

2/17 Appleがインドに技術開発センターを開設

The Economic Timesによると、Appleが2016年後半に技術開発センターをインドに開設するとのこと。建設予定地は、インド中南部のテランガーナ州の州都であるハイデラバード市で、投資額は約2億円(2500万ドル)になるそうです。技術開発センターでは、150人以上がマップ(地図)に関連する開発に携わるとのこと。

2/18 iPhone 5 seはApple A9、iPad Air 3はApple A9Xを搭載へ

ブルームバーグによると、3月中旬に発表されると見られる4インチの新モデルiPhone 5seと、タブレット端末の新モデルiPad Air 3のプロセッサーには、iPhone 6sシリーズと同様、最新のApple A9シリーズが採用されるとのこと。iPhone 5seはApple A9、iPad Air 3はGPUなどを強化したApple A9Xとなるそうです。動作クロック周波数やコア数は異なるかもしれませんね。

2/18 中国の春節商戦でiPhoneは振るわず

EMSOneによると、中国で2016年1月期のiPhone販売台数が前月から35%減になったとのこと。昨年のiPhone 6のときは、1月に入っても在庫が逼迫していましたが、やはり昨年にiPhone 6が中国で爆売れした影響で、1年で乗り換えるというユーザーは少ないのかも。

2/19 iPhone 7は米国でヒットするかも

EMSOneによると、米国である調査会社が次期モデルと言われているiPhone 7についてのアンケートを実施したところ、2014年にリリースされたiPhone 6よりも購入意欲が高かったそうです。iPhone 6はバカ売れした機種なので、アンケートとはいえそれを上回るとなれば期待できそうです。

2/19 2015年第4四半期の世界スマホ出荷でiPhoneは初の前年割れに

ガートナーが、2015年10~12月期と通年のスマホの世界出荷台数を発表し、iPhoneが10~12月期で前年同期の7483万1700台から、7152万5900台に約4.4%減少したことがわかりました。前年同期割れは初の出来事とのこと。Appleの決算発表を見ても、米国や日本、欧州の落ち込みや伸び悩みがあったので、好調の中国やアジアパシフィックをカバーしきれなかったということでしょう。日本では不人気の韓国サムスン電子社ですが、世界的に見ると2015年10~12月期は出荷台数を前年同期から1000万台程度増やしており、シェアはトップです。

2/19 iPhone 7生産に向けオーディオ信号処理ICなどの生産能力を確保

EMSOneによると、米シーラス・ロジック社や米ADI(Analog Devices)社が、iPhone 7向けの部品生産のために、台湾のファウンドリのライン確保に動き出しているとのこと。ちなみに、シーラス・ロジックはオーディオ信号処理IC、ADIは3D Touch関連のコントローラーICをiPhone用に供給していると言われています。ちなみに例年の動きだと、2~3月で部品の少量生産が始まり6~7月あたりに量産体制に入ります。

カテゴリートップへ

この特集の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中