このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

2月16日オープンサービス開始!

ついにサービス開始、ロードス島戦記オンラインの情報をまとめておさらい!

2016年02月16日 19時01分更新

文● 八尋/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ロードス島戦記オンライン

 いよいよ2月16日より、ゲームオンがMMORPG「ロードス島戦記オンライン」のオープンサービスを開始する。

 ロードス島戦記オンラインは、2013年に発表され長い間沈黙を守り続けてきたが、1月15日に開催されたイベント「ロードス島戦記オンライン ~良き再会亭の宴~」でプレミアムクローズドベータテストの募集を開始。募集枠は当初1万人だったが応募者が殺到し、枠を2万人に拡大して1月29日から2月1日まで実施された。

 ついにオープンサービスが始まるロードス島戦記オンライン。今回はサービス開始直後ということで、今までに発表された内容やプレミアムクローズドベータテストで感じた本作の魅力などをまとめてみた。

懐かしすぎる斜め見下ろし視点の2Dグラフィックス

斜め見下ろし型の2DMMORPG

 ロードス島戦記オンラインは、1988年に刊行され累計発行部数は1000万部を超える水野 良氏の小説で、アニメ化やゲーム化もされるなど、メディアミックスの草分け的存在となった「ロードス島戦記」のエピソードが追体験できるMMORPG。編集部内でもロードス島戦記を読み、サービス開始を楽しみにしていた人は何人もいた。

 原作1巻「灰色の魔女」がストーリーがベースで、原作にはない幕間のエピソードも語られる。原作の主要キャラクターも登場し、各キャラクターの声優陣も豪華だ。

原作の主要キャラクターも登場する。声優も豪華

 特徴としては、まず斜め見下ろし型の2DMMORPGという点が挙げられる。ゲームシステムは、敵から経験値やアイテムを入手し、より強い敵と戦闘していく「Hack and slash」型を採用している。一昔前のMMORPGをプレーした経験がある人は、かなり懐かしく感じるのではないだろうか。

必要/推奨スペックも低め
ゲーミング用途ではないノートパソコンでもプレー可能

 パソコンの必要スペックがかなり低いのも特徴だ。最近のMMORPGは、ほとんどがゲーム用にGPUを搭載しているパソコンじゃないと快適にプレーできない。しかし、ロードス島戦記オンラインは、普段仕事でも使っているようなモバイルノートパソコンでもしっかりプレーできるのだ。ちなみに必要スペックと推奨スペックは以下の通り。

ロードス島戦記オンラインの必要/推奨スペック
必要スペック 推奨スペック
OS Windows Vista/7/8.1/10
CPU Pentium3(800MHz) Pentium4(1.4GHz)
メモリー 1GB以上 2GB以上
グラフィックス インテル GMA 3150 GeForce 9400GT(512MB)

 この程度のスペックであれば、大抵のノートパソコンでしっかり動作する。イベントでは、Atom N475(1.83GHz)でも動作したとの説明もあった。

基本的な移動や攻撃などはマウスのみで可能

ひと昔前のMMORPGのような簡単操作

 操作はマウスがメインで、基本的には片手でプレーできる。もちろんチャットに文章を打ち込んだり、アイテムのステータスウィンドウの表示、ショートカットキーを使ったスキルの使用にはキーボードで行なう必要がある。行きたい場所をクリックすればそこまで移動し、敵をクリックすればオートで攻撃する仕様は、MMORPGをプレーしたことない人でもすんなり始められるだろうなと感じた。

前へ 1 2 3 次へ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社