このページの本文へ

セルフで登録、バイヤーを介さず取引開始

最短1日でAmazonと卸取引がはじめられる「Amazonベンダーエクスプレス」

2016年02月01日 14時50分更新

文● 貝塚/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Amazon.co.jpは2月1日、新サービス「Amazonベンダーエクスプレス」の提供を開始した。

 ユーザーがセルフで商品情報などをオンライン登録し、Amazonのフルフィルメントセンターに送付することで、Amazonの仕入先として取引が開始できるサービス。登録から発送まで最短1日という早さも特徴。

 従来Amazonの仕入先は、バイヤーを通して契約し、商談で価格などを決めて商品を卸していた。Amazonベンダーエクスプレスを利用すればバイヤーを介することなく仕入先として登録できるため、小規模な事業所などでも、簡単にAmazonでビジネスができるようになる。

 またAmazon上の類似商品の価格などのビッグデータを活用できるため、商品の卸売価格がオンライン上でわかるのも特徴。Amazonが商品の保管や管理、販売、発送、返品、購入者からの問い合わせにも対応するため、効率的な販路拡大が見込めることも特徴だとしている。

 費用は無料だが、はじめにAmazonに卸したい商品を、サンプルとして無料で少量提供する必要がある。Amazonに提供する商品と、Amazonに販売する推奨価格をユーザーが決定し、その上でAmazonがサンプル数を決定する(価格が500~6000円の場合1商品当たり3個、6001~9000円の場合2個、9001円以上の場合1個)。

 同サービスはアメリカで2014年6月にスタート。日本は、ドイツ、イギリスに続き4ヵ国目。

カテゴリートップへ

最新記事

ASCII.jp特設サイト

最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ