このページの本文へ

エスケイネット、カメラマンに最適な15.6型4K液晶「SK-4KM156」を3月に発売

2016年01月27日 17時00分更新

文● 南田ゴウ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エスケイネットは1月27日、15.6型4K(3840×2160ドット)解像度液晶ディスプレー「SK-4KM156」を発表した。3月中旬~下旬発売予定で、予想実売価格は16万円前後。

15.6型4Kディスプレー「SK-4KM156」
映像入力はHDMI2.0×1で、右に見えるUSB端子はファームウェアアップデート用。背面には100×100mmのVESAマウントを用意

 「SK-4KM156」の想定用途はプロカメラマンの4K撮影映像の確認やデジタルサイネージなど。屋外への持ち出しを考慮して本体は薄く、別売りのVESA Vマウントプレート(予想価格3~4万円前後)を背面に装着することで、Vマウントバッテリーで動作させることが可能。駆動時間は容量73Whの「IDX CUEーD75」使用時で約6時間動作するとのこと。

オプションのVESAマウントプレートを装着することで、市販のVマウントバッテリーを利用可能

 スタンドなしで約1kgという軽量さも魅力で、本体のスタンドを外して固定できるフード付きの専用バッグ(3月下旬発売予定、予想実売価格3万円台)の発売も予定している。

電源ボタンや設定スイッチは右側面にタテに配置される

 国内メーカー製IGZO IPS液晶パネルの視野角は上下左右176度。輝度は330カンデラでコントラスト比は1000:1。映像入力はHDMI2.0×1で、4K放送視聴やUltra HDブルーレイ再生に対応する“HDCP2.2”に対応。4Kチューナーやプレーヤーを接続して4Kコンテンツを楽しめる。最大入力応答解像度は3840×2160ドット(60p、NTSC)。なお、フルHD解像度などの入力映像はディスプレー側で4K解像度にアップコンバートして表示される。

色温度設定はプリセット2つとRGBの各数値変更のみ

 エスケイネットによると、HD-SDI出力は価格面を考えて非搭載搭載とのこと。また、屋外撮影用途にはスピーカーは不要だが、サイネージ用途のために搭載したとしている。なお、色温度調整に関してはプリセットの6500K、9300KのほかはRGB成分値の数値変更のみ。

 あわせて、「SK-4KM156」をサイネージとして利用する際に便利な4K対応セットトップボックス「SK-DSPS4K」も発表された。3月下旬発売予定で、予想実売価格は7~8万円程度とのこと。OSはAndroid 4.2.2でCPUはクアッドコアのARM系プロセッサー(1.8Hz)。メモリー1GB、ストレージ32GBでmicroCDカード(最大32GB)スロットも搭載。ビットレート100Mbpsまでの4K動画の再生に対応する。

Android搭載の4K対応セットトップボックス「SK-DSP4K」

 既存の4Kディスプレーはパネルサイズが大きく、設置面積の関係で自室に置けなかったユーザーや、複数の4Kディスプレーをアーム設置で運用したいといったパワーユーザー向けにも人気が出そうだ。

「SK-4KM156」の主なスペック
メーカー エスケイネット
ディスプレー 15.6型IGZO液晶
画面解像度 3840×2160ドット
視野角 上下176度、左右176度
輝度 330カンデラ
コントラスト比 1000:1
応答速度 25ms
(黒>白>黒)
映像音声入力 HDMI2.0×1
著作権保護 HDCP2.2
音声出力 2.5W×2(スピーカー)
イヤホン端子(ステレオミニ)
入力対応解像度(NTSC) 480(60p)、720(60p)、1080(24/60p)
1080(60i/p)、4K(23.98/24p)、4K(29.97/30p)
4K(59.97/60p)
入力対応解像度(PAL) 576(50i/p)、720(50p)、1080(25p)
1080(50i/p)、4K(25p)、4K(50p)
電源 DC 12V
(ACアダプター+バッテリー用入力)
消費電力 約10W
サイズ力 378×32×280mm(スタンドなし)
重量 約1kg(スタンドなし)
金具取付 VESA 100×100mm

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART