このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第440回

「けっこう毛だらけ猫灰だらけ」の猫はなぜ灰だらけなのか?

2016年01月15日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
そーっと後ろに回ったみけと、かまどの影に隠れてこっちを見てるキジトラ。2匹の間には「甘い」のひとことが(2016年1月 オリンパス OM-D E-M1)
そーっと後ろに回ったみけと、かまどの影に隠れてこっちを見てるキジトラ。2匹の間には「甘い」のひとことが(2016年1月 オリンパス OM-D E-M1)

 猫と自動車って相性がいい組み合わせで、車の下に隠れてる猫などは季節を問わず定番である。夏は日差しから逃げる場所として、冬はエンジンのぬくもりで暖まる場所として。

 でも、時にはひょんなところから顔を出すのが面白い。

 このときは、ひょん、と荷台から顔を出したのである。

代表的な荷台猫。そういえばこの辺に猫がけっこういたよな、と回りを見渡したら荷台から顔を出してるのを発見。昼寝でもしてたのかも(2015年10月 オリンパス OM-D E-M1)
代表的な荷台猫。そういえばこの辺に猫がけっこういたよな、と回りを見渡したら荷台から顔を出してるのを発見。昼寝でもしてたのかも(2015年10月 オリンパス OM-D E-M1)

 荷台で寝てるうちに見知らぬ土地まで運ばれてしまってとまどってるの図、ではなくて(たぶん)、ずっと止まってる工事車両に興味を持って荷台にのったらなかなか具合がよかったというところだろうけど、「え、ここどこ?」とフキダシをつけたくなる様子がいい。

 子猫になると、もうどこから顔を出すかわからない。

 なんとタイヤの上からひょっこり。

車のまわりで戯れる子猫2匹と、親と思われるミケの背中。なんといっても、タイヤからひょっこり顔を出した子猫がたまらんのであった(2015年9月 ソニー Cyber-shot DSC-RX100M3)
車のまわりで戯れる子猫2匹と、親と思われるミケの背中。なんといっても、タイヤからひょっこり顔を出した子猫がたまらんのであった(2015年9月 ソニー Cyber-shot DSC-RX100M3)

 このときは軽トラの下に向かって歩いて行く猫を見つけてカメラで追ってたのだ(写真左奥)。そしたら、タイヤにも猫がいたのである。

 右端にもミケの背中が見えるから、きっと親子なんだろうなあ。

 冬になると、エンジンルームに潜り込む猫がいるって話をたまに聞くのである。暖かいから。で、車を出そうとするとどこかで猫の声がする、もしやと思ったらエンジンルームにいたとか、エンジンルームに紛れ込んだ猫を外へ出すのに苦労したとか。

 お気をつけを。

(次ページに続く、「夏はグタっと、冬は暖かそうな場所を見つけて寝る猫たち

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART