このページの本文へ

CES 2016レポート ― 第47回

レノボがGoogleの次世代スマホ「Project Tango」の開発表明、初の端末は2016年夏発売

2016年01月09日 16時00分更新

文● 山田祥平

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アメリカのネバダ州ラスベガスで開催されているCES2016において、レノボとGoogleが協業を発表、かねてより開発が進んでいた「Project Tango」について、レノボが最初のOEMプロジェクトとして、この夏に、対応スマートフォンをリリースすることが明らかになった。

Project Tango Project Tango
一般消費者向けの世界初のProject Tangoデバイスの発表を公表。ただし端末そのものはなく、デザインはCADのレンダリングイメージを披露したのみだった。 会見に登壇したのは、レノボの副社長、ジェフ・マーディス氏(左)と、Googleのジョニー・リー氏。

 Project Tangoはモバイルデバイスに人間の目が現実の世界を見るかのような知覚を与えるGoogleの研究だ。
 レノボでは消費者向けに6.5インチのディスプレイを持つ対応スマートフォンを500ドル以下でこの夏発売するという。これまで開発キットとして提供されていたデバイスは、NVIDIAのK1プロセッサを搭載していたが、今回はQualcommのSnapdragonをSoCとして採用する。型番は明らかにされていないが時期的なことを考えれば820と考えるのが妥当だろう。リアルタイムの3D処理にはそれなりのプロセッサパワーが必要だからだ。

 人間は2つの目で立体的に光景をとらえ、目に映るモノの大きさや距離などを推しはかることができる。そのようなことがスマホのカメラでもできるようになる。これを実現するためには、対応デバイスに、RGBを認識する一般的なカメラの他に、深度センサー、魚眼カメラが装備される。いわばIntelのRealSenseのGoogle版といったところだ。

Project Tango
会見後に触ることができた開発機。この機材自体は開発者向けに一般発売もされているものとのことで、ニュース性があるのは中身のソフトウェアアルゴリズムの方、ということになる。
Project Tango
カメラでとった映像にマーキングして距離を測っているところ。写真だとわかりにくいが、マーキングしたポイントを3次元的に認識しているので、端末を上下左右に動かすとARのように実空間に整合性をもって見事に追従していた。

 同時にインキュベータプログラムも発表され、この機能を使ったアプリの開発支援もスタートした。
 発表会場ではまだ実機は展示されず、スライドで製品イメージのみが紹介されたが、それを見る限り、一般的なスマホと見分けがつかないくらいのスタイリッシュな形状だった。デモンストレーションは、8インチタブレット形状の開発用デバイスで行われた。

 急きょ設定された発表会ということもあり、現場6畳ほどの狭いステージだったが、カーペットが敷かれ一般的な「部屋」を模したスペースが用意されていた。
 Project Tango開発用デバイスでその部屋を撮影すると画面には当然その様子が映し出される。そこにあらかじめ用意されたソファや冷蔵庫などのCGパーツをドラッグして配置してみたり、そのソファのテクスチャを入れ替えてみたりする様子が披露された。

Project Tango レノボがGoogleの次世代スマホ「Project Tango」の開発表明、初の端末は2016年夏発売
仮想の「ジェンガ」で遊ぶデモ。Project Tango端末を通して見ると、Lenovoロゴの入った台の上にCGのジェンガブロックがAR表示されている。二人で交代しながらジェンガを積んでいく様子を見せた。 画面を通してジェンガを見たところ。端末自身が空間認識をしているので、上から見たり横から見たりといった動作に追従して、まるでそこに積みあがっているかのように見たり、新しい積み木を積んだりといったことができる。
Project Tango レノボがGoogleの次世代スマホ「Project Tango」の開発表明、初の端末は2016年夏発売
CGのペットを表示するデモ。画面を通して見ると、女性スタッフの目の前の床に子猫が現われる。 画面を通して見ると床に子猫が。端末の持ち主に近づいてくるようにプログラムされているらしく、後ろに逃げてもどんどん近寄ってくるのがかわいい。

 また、バーチャルなCGのネコを登場させ、その部屋をあちこち動き回る様子や、ゲームなどのデモが紹介され、ロケーション、ゲーミング、ユーティリティという3つの分野での応用が想定されていることが説明された。
 だが、この応用シーンはあくまでも現時点で想定されているものであり、これからどう成長していくかは開発者のアイディアにかかっている。このあたりは、IntelのRealSenseも苦戦しているところだけに、魅力的なデバイスとともに、画期的なアプリケーションの登場に期待したいところだ。

●関連リンク
レノボとGoogleが新しいProject Tangoデバイスでパートナーに(英語リリース文)

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART