このページの本文へ

ハイパースケールデータセンターを「InfiniFlash」でオールフラッシュ化

サンディスクとQCT、大規模DC向けフラッシュストレージで提携

2016年01月12日 06時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サンディスクとQCT(クアンタ・クラウド・テクノロジー)は12月22日、ハイパースケールデータセンター(DC)向けのオールフラッシュストレージソリューション提供における提携を発表した。クラウドサービスプロバイダー市場などをターゲットにオールフラッシュ化を加速する。

サンディスクのオールフラッシュアレイ「InfiniFlash」

 QCTは、台湾の大手ODM/OEMコンピューターベンダーであるクアンタ・コンピューターのグループ子会社。ハイパースケールのクラウドデータセンター向けに高密度サーバーやストレージ、サーバーラックなどを製造している。Open Compute Project(OCP)にも参画している。

 今回両社では、サンディスクのオールフラッシュアレイ「InfiniFlash」(関連記事)とQCTの革新的なサーバーデザインに基づき、「ペタバイト規模のワークロード向けに、統合されたスケールアウト型オールフラッシュストレージソリューションを提供する」と発表している。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ