このページの本文へ

日本郵便番号にも対応したデータ可視化ツール新版

モバイル分析が捗る!TableauにiPhoneアプリ登場

2015年12月10日 06時00分更新

文● 川島弘之/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Tableau Softwareは12月9日、データ可視化ツール新版「Tableau 9.2」を発表した。データ準備機能の改良、マップのカスタマイズ機能、セキュリティの強化に加え、新たにiPhoneアプリを提供する。「モバイル分析がいっそうパワフルに」(同社)とアピールしている。

 Tableau MobileがiPhoneで利用可能となった。外出先でもデータのアクセスと操作が簡単に行え、ジオロケーション(ユーザーの位置情報)が導入されたことで、モバイルデバイスのブラウザや、iPad/iPhoneのTableauアプリをタップするだけで、自分の現在位置をTableauのマップ上に表示できる。

 データ準備機能の改良では、データインタープリターに従来のExcelデータのクリーンアップに加え、自動的にサブテーブルを検出して分析可能な表へ変換する機能が追加された。データグリッドも改善され、理想的なデータソースの作成が容易に、短時間で分析に移れるようになっている。

 マップのカスタマイズ機能では、マップの動作をコントロールするためのオプションが増えた。マップのカスタマイズやブランディング、そしてマップの拡張やコンテキストの追加が容易となり、従来よりも情報のつまった美しいマップをで作れるという。また、日本の郵便番号に対応した。

 セキュリティの強化では、オンプレミス版・クラウド版ともにオプションを追加。パーミッションの定義を分かりやすくしたほか、管理者が定義した設定にプロジェクトのパーミッションをロックできる新しいオプションも追加し、重要なデータのセキュリティをさらに強化できるとする。

 また、OpenID Connectもサポートし、GoogleなどのOpenID ConnectのIDプロバイダにサインインしていれば、Tableau Serverに自動的にサインイン可能となった。サーバー上のデータを更新する Tableau Online 同期クライアントで、認証にSAMLが利用できるようにもなった。

カテゴリートップへ

ピックアップ