このページの本文へ

事業部門や経営会議を含む「すべてのユーザーにアナリティクスを提供」

HANAベースのSaaSで分析を、「SAP Cloud for Analytics」発表

2015年12月02日 06時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 SAPジャパンは12月1日、SaaS型のクラウド分析ソリューション「SAP Cloud for Analytics」の提供を開始した。ハイパフォーマンスな「SAP HANA Cloud Platform(HCP)」を基盤として、BIやアナリティクス、プランニング、ガバナンス管理などのサービスを提供していく。

SAPが発表したSaaS型分析ソリューション「SAP Cloud for Analytics」の全体像。HCPを基盤に、複数のサービスコンポーネントを提供

 SAP Cloud for Analyticsは、SAPや同社パートナーのクラウド環境から提供されるSaaSスイート。顧客は、ユーザー単位の月額制で(具体的な料金は未発表)、WebブラウザからHANAベースの高速なデータ分析サービスを利用できる。今回はまず「Cloud for Analytics for BI」と「Cloud for Analytics for Planning」の2サービスを提供開始した。

 オンプレミスのERPや業務アプリケーション、データベース、またSalesforceなどのサードパーティクラウドとの連携により、それらに格納されているデータもデータソースとして活用し、分析することが可能。

 Cloud for Analytics for BIでは、業務部門(LOB)のユーザー自身でも扱えるBI機能を提供する。ブラウザから幅広いデータの抽出や整理、結合、可視化、ダッシュボード構築を簡単に実行することができる。

SAP Cloud for Analyticsのトップ画面(デモより)Analytics for BIの主要機能。チャットツールも付属

 Cloud for Analytics for Planningでは、事業計画策定や予実管理の機能を提供する。リアルタイムな実績データを把握でき、規模や粒度、頻度を問わない計画とシミュレーション業務を実行できる。

 また、サービス全体を経営会議向けにダッシュボード化できる「SAP Digital Boardroom」も提供される。詳細データへのドリルダウンができるインタフェースを備え、必要な情報に対してリアルタイムにアクセスできるため、経営会議の場で担当役員が直接意思決定のできるスピード感を支援する。

Analytics for Planningの主要機能。HANAのリアルタイムなデータ処理基盤が役立つSAP Digital Boardroomの主要機能。事前準備などを必要とせず「経営会議の場での意思決定」を実現
SAPジャパン バイスプレジデント プラットフォーム事業本部長の鈴木正敏氏同 プラットフォーム事業本部 シニアソリューションプリンシパルの高橋正樹氏

 発表会に出席したSAPジャパン バイスプレジデント プラットフォーム事業本部長の鈴木正敏氏は、「今回発表のCloud for Analyticsは、SAPが注力しているHANA、アナリティクスという2つの軸、そして企業のデジタライゼーション(デジタル変革)のキーとなるソリューションである」と紹介した。

 またシニアソリューションプリンシパルの高橋正樹氏は、SAP Cloud for Analyticsは、同じプラットフォーム上で展開する“1製品”ではあるものの、幅広い機能コンポーネントをを提供していくと説明。2016年中には、将来予測(Predictive)やガバナンス/リスク管理(GRC)といった新たなサービスも順次リリースしていく予定だと述べた。

デモでは、ユーザーが自らCSVファイルを取り込み、データ整理や分析、ビジュアル化などをリアルタイムに実行していく模様が披露された

 同サービスの販売戦略について鈴木氏は、クラウド型で提供することにより、LOBを含むあらゆる部門において「アナリティクスの新しいエクスペリエンスを享受いただきたい」と語った。また、国内では特にパートナーとの関係が重要であるとし、パートナーが提供するアプリケーション群に同サービスの機能を組み合わせ、企業の事業強化に貢献していくと述べている。

「すべてのユーザーに」「パートナーと一緒になって」価値を届けたいと鈴木氏は語った

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

ピックアップ