このページの本文へ

1ソケット、Xeon E3-1200 v5採用の1Uラックマウント/ミニタワー

デル「第13世代PowerEdge」エントリーサーバー4製品発売

2015年11月17日 14時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 デルは11月17日、第13世代「Dell PowerEdge」サーバーで、エントリークラスの新モデル4製品を発売した。1ソケットの1Uサーバーとミニタワー型サーバーで、中堅中小規模の企業に向けたラインアップとなる。 

1ソケット/1Uの「PowerEdge R330」サーバー1ソケット/ミニタワー型の「PowerEdge T330」サーバー

 ラックマウント型モデルとしては、「PowerEdge R330」と「PowerEdge R230」が発表された。

 R330は、CPUにXeon E3-1200 v5シリーズを採用し、メモリ最大64GB、ホットプラグ対応ドライブとして3.5インチHDDならば最大4台、2.5インチHDDならば最大8台を搭載できる。さらにオプションとして、OS格納用に1.8インチSSSDを最大2台追加可能。参考モデル構成価格(税抜)は57万9825円から。

 R320も、CPUにXeon E3-1200 v5シリーズを採用している。R330との主な違いはドライブ構成で、こちらは3.5インチHDDのみ(最大4台)搭載できる。参考価格は43万9676円から。

 タワー型モデルでは、「PowerEdge T330」「PowerEdge T130」が発表された。T330はXeon E3-1200 v5シリーズ搭載、メモリ最大64GB、ホットプラグ対応3.5インチHDDを最大8台内蔵可能。また外部USBポートを8つ備えている。参考価格は52万277円から。T130もXeon E3-1200 v5シリーズを採用し、最大メモリ容量32GB、3.5インチHDDを最大4台まで搭載できる。参考価格は35万6130円から。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ