このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ちょっと気になる! 小便利そうな周辺機器レビュー ― 第17回

BOSEっぽくないがクリアな音が聴ける防滴イヤフォン「Bose SoundTrue Ultra」

2015年10月20日 12時00分更新

文● 織野至

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Bose SoundTrue Ultra in-ear headphonesのパッケージ
「Bose SoundTrue Ultra in-ear headphones」のパッケージ

 デスクトップよりもノートPCを使用するシーンが増え、またスマートフォンやタブレットの普及で周辺機器的な立場を高めているもののひとつにヘッドフォンがある。

 これまでリスニングといえばヘッドフォンだったが、ご存じのようにイヤホンでも音質を重視する動きが高くなっている。音楽ファイル形式の変化もよる影響もあり、近年で明瞭なワードとしてはハイレゾもよく目にするになった。

 そこで今回は、ボーズの「Bose SoundTrue Ultra in-ear headphones」(実売価格1万7000円前後)をチェックする。

デザインはこれまでのボーズ的だが小型化

イヤホン部の形状は写真の通り。いわゆるカナル型と比べると、ウィングの存在が目立つ イヤホン部の形状は写真の通り。いわゆるカナル型と比べると、ウィングの存在が目立つ

 Bose SoundTrue Ultra in-ear headphonesは、これまでのボーズ製イヤホンよりもひと回り小さい。量販店でよく目にする「Bose SoundSport in-ear headphones」と比べるとよくわかるのだが、基本的なデザインは踏襲されている。

 わかりやすい変更箇所としては、イヤーチップであるStayHear Ultraチップ。先端部はカナル型の先端に似た形状になっており、これにより遮音性を大きく高めている。またBOSE製イヤホンではお馴染みの装着時の安定感を向上させるウィングはそのままだ。

LRの接続部はT字型を採用している。体感レベルになるが、移動時にタッチ音が減りやすい印象。またその下に用意されているものが固定用のクリップ LRの接続部はT字型を採用している。体感レベルになるが、移動時にタッチ音が減りやすい印象。またその下に用意されているものが固定用のクリップ

 付属品にはカラバリと同じキャリングケース、Sサイズ、Mサイズ、LサイズのStayHear Ultraチップになっている。カラバリはチャコールとフロストのふたつで、iOSデバイス向けにはチャコールとフロスト、Androidなどのスマホ向けにはチャコールのみが展開されている。

 細かいところを見ていくと、まず防滴性能を備えているため、カンタンな運動や散歩にも耐えられる。ただ後述しているが、遮音性が高めなのでアウトドアでの使用はやや怖いものがある。

コントローラー部。ボタンのある面の裏側にはマイクを内蔵

 このほか固定用のクリップやコントローラーなどは、スタンダードな使用になっているため、見てすぐにわかるものだろう。

ステレオピンプラグはストレート。またケーブル長は約1.15m ステレオピンプラグはストレート。またケーブル長は約1.15m

(次ページに続く、「ボーズ特有の低音は弱めでモニターヘッドフォンに近い」)

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART