このページの本文へ

V-Lowマルチメディア放送が来年開始、地上アナログの空き周波数を利用

2015年10月15日 19時15分更新

文● 二子/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エフエム東京が中心になって設立された、BIC株式会社/株式会社VIP/東京マルチメディア放送株式会社の3社はV-Lowマルチメディア放送のブランド名を「i-dio(アイディオ)」に決定。2016年3月にサービスを開始するとともに、放送に対応する端末として、SIMフリースマートフォン「i-dio Phone」(コディア製)を年内に発売すると発表した。

 V-Lowマルチメディア放送は、地上アナログ放送の終了によって空くことになったVHF-Low帯(99~108MHz、従来は1~3chで用いられていた)を利用する放送サービス。IPデータキャストにより、映像/音声/データなどを組み合わせてユーザーに配信できることが特徴となる。

V-Lowマルチメディア放送の第1弾端末はSIMフリースマホとして登場

 VIPは放送局設備を提供するハード事業者として全国をサポートし、東京マルチメディア放送は全国7ブロック6社の1つとして関東圏の放送を担当、BICはその持株会社と役割が分けられる。

 i-dioでは従来型のテレビ放送だけでなく、放送による一斉同報を活かした防災情報配信システム「V-Alert」との連携が可能。音声のみならず、文字などのデータを配信できる。

自治体などに提供されている防災ラジオ

 i-dio受信機の第1弾となるi-dio Phoneは、i-dioだけでなく、地上デジタルテレビ、FMラジオにも対応したSIMフリーのAndroidスマートフォン。詳しい仕様や価格などは今後発表される。このほか、i-dioの電波を受信してWi-Fi経由で映像を配信するチューナー、カーナビなども開発中とのこと。

 2016年3月に東京・大阪・福岡でのサービス開始後、順次エリアを拡大し、2019年度で世帯カバー率78.3%を目標としている。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART