このページの本文へ

非デジオタ女子ナベコの「なんでも試してみる」 ― 第4回

絶対的美脚をもつスニッカーズ・レディ(?)参上

2015年10月10日 12時00分更新

文● ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 とあるいつもの編集部。時刻は、ちょうど小腹が減ったオヤツ時だっただろう。とある人物が我らがアスキー編集部に訪れた。

 「誰だあの女性は」

 編集部がざわついた。

怪しい美女の正体は!?

 エキゾチックなかぶりものからむき出しになった白い二の腕。キュッとしまったウエスト。怪しいパープル色のスカートから、スラリと伸びた魅惑的な脚。

 ナイトクラブを思わせる衣装はもとより、かぐわかしい色香と、挑発的なタイツに包まれた美脚が人目を誘った。

「○○副編が行きつけのクラブのママ」
「○○デスクが旅先で出会った美人局」

 ……と、憶測はするだけしてみても、リア充っけがない我らが編集部にとって、あまりに見当違いなのである。

 あなたは一体……。

 我らの緊張が高まった!

 「差し入れをお持ちしました」

 む?

 

!!!!!!ドロン!!!!!!

 

 

 うぎゃーーー! おじさんだ。

スニッカーズを与えてくれた

 おじさんは、お腹が減っている我々に『スニッカーズ ピーナッツ シングル』を与えてくれた。

おじさん「スニッカーズたくさん食べてね♡」

編集部のACCN「あ、ありがとうございます」

 女性に優しいことが取り柄の編集者ACCNは、少し引きつりながらも笑顔。女性にも男性にも優しいことが発覚して、ホッとしたのはきっと記者だけではないはずだ。

 『スニッカーズ ピーナッツ シングル』は、ただ今販売中のハロウィン限定仕様のパッケージ。右側に“TRICK or SNICKERS”という記載がある。

 だが、限定パッケージのスニッカーズをくれたおじさんはいったい何者?

 ハロウィンの妖精?

 おじさんの名前は、青柳さん。
 かつてダウンタウンの松本松本人志さんが司会を務める『働くおっさん劇場』にレギュラーで登場していた、フェミニンな風貌が魅力の御人だ。

青柳さんがいたずらしちゃうぞ

絶対的美脚をもつスニッカーズ・レディ

 実は青柳さん、スニッカーズでただ今実施中のハロウィンキャンペーン『TRICK or SNICKERS』に登場するのだ。

 『TRICK or SNICKERS』は、ハロウィン限定パッケージのスニッカーズを購入し、キャンペーンサイトにアクセスしてシリアルナンバーを入力すると、動画と共にTRICK(はずれ=いたずら)かSNICKERS(当たり=プレゼント)がその場でわかるというもの。
 10月31日まで実施される。

 当たりが出たらお祝い動画と、実物の30倍の大きさの『スニッカーズ モンスターブランケット』がもらえる。
 一方、はずれが出たら数パターン用意されたいたずら動画が再生される。

 青柳さんは、登場するのは当たり動画か、はずれ動画か。
 いわずもがな、“はずれ”のほう。

 青柳さんが、男心をもてあそぶ煽情的な演出で登場する。

 はずれても青柳さんが登場するとは限らないが、これはぜひスニッカーズを買って試してほしい。どういうわけか、当たりのブランケットも欲しいけど、はずれの青柳さん動画に期待値が高くなるのが不思議だ。

「いたずらしちゃうわよ」

 匂いたつ色香があるポーズをキメてくれた青柳さん。
 記者ナベコは後学のために、色気を出すのはどうしたらいいかを訊いたところ、昔の映画を参考にすると良いと言われた。

「『嘆きの天使』のマレーネ・ディートリッヒはいいわよ。昔の映画は今みたいにテンポが速くないから、ひとつひとつの動作が官能的よ。マリリン・モンローもいいわ」

あたしセクシーかしら?(byナベコ)

 さらに記者ナベコは後学のために、青柳さんと同じポーズをしてみた。

 匂いたつ色香は出ただろうか?
 ハロウィンのいたずらコンテンツといわれても文句はいうまい。

カテゴリートップへ

この連載の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

水着美女×ガジェット=大正義

ピックアップ

デル株式会社