このページの本文へ

AWS re:Invent 2015で見た破壊的創造

新開発のクエリエンジン「SPICE」でAWSのデータを一括ロード

従来型BIを駆逐するクラウドBI「Amazon QuickSight」投入

2015年10月08日 10時30分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

10月8日に行なわれたre:Invent 2015の基調講演で大きく取り上げられたのは、企業の競争力の源泉となる「データ」。新サービスとして、既存のBIの1/10のコストを謳う「Amazon QuickSight」が披露された。

20日間かかっていた分析を6時間で実現

 re:Invent 2015の基調講演において、「(クラウドによる)7つの自由」を軸にユーザーによるITのコントロールをアピールするAWSシニアバイスプレジデントのアンディ・ジャシー氏。これまでさまざまな限界があったBIによるデータ分析をより安価に、使いやすく提供することで、企業の競争力を高めるのも、クラウドによって得られる自由の1つだと指摘する。

AWSシニアバイスプレジデントのアンディ・ジャシー氏

 データ分析に関しては、さまざまな課題があった。「データの中には宝物が隠されているかもしれないが、従来はデータをすべて保持し、マイニングすることができなかった」(ジャシー氏)。これに対して、安価で、スケーラブルなクラウド環境であれば、データ分析はより効率的に行なえるという。

 数年前からAWSでは上流から下流まで包括的なデータ分析環境を拡充してきた。データを保管するAmazon S3、データベースのRDSやDynamoDB、分析基盤のHadoop/Spark on EMR、DWHのRedshift、ストリーミングデータのKinesis Streamなどデータ分析製品を着実に拡充してきた。今年は検索ツールのElastic Searchや機械学習を提供するAmazon Machine Learningなどを投入し、マイクロソフトやグーグルなどに対抗している。

データ分析環境を提供するAWSのポートフォリオ

 こうしたクラウドベースのデータ分析は、通信、金融、広告、医療、メディア、オイル&ガスなど幅広い業種で受け入れられ、多くのユーザー事例を得ているという。「広告会社のVivikiはキャンペーンの分析をクラウドに移すことで、オンプレミスと比べてOPEXを75%と削減した。20日間かかっていた分析を6時間でできるようになった」とジャシー氏は事例を披露する。

新開発のクエリエンジンを採用したQuickSight

 そして、今回は新たにクラウド型BI「Amazon QuickSight」が投入された。新開発のインメモリクエリエンジン「SPICE(Super-fast,Parallel,In-Memory Cluculation Engine)」を採用し、シンプルなBIを従来のBIツールの1/10のコストで提供できるという。

クラウド型BI「Amazon QuickSight」の特徴

 専門の知識と知見を持ったデータアナリストに向けた既存のBIは、現場に近いライトユーザーの利用が難しいという課題もあった。「Cognosのような古いBIはかなりジャンキーで、使いにくい。複数のコンポーネントをまとめないと使えないし、ユーザーあたり1ヶ月150~250ドルかかる」とジャシー氏は指摘する。こうした経緯で、今までデータ分析に携われなかったライトユーザーがAmazon QuickSightの対象になる。

 Amazon QuickSightで採用されるSPICEでは、ユーザーのリクエストに応じて、Amazon S3やRedshift、RDS、EMR、DynamoDB、KinesisなどのAWSの各種データソースに対しクエリを発行し、データセットをメモリ上にロード。独自の並列処理エンジンにより、ETL(Etract、Transform、Load)処理を施し、専用のダッシュボードから視覚化できる。

インメモリのクエリエンジン「SPICE」

 ダッシュボードでは、さまざまなグラフが用意され、結果をドリルダウンできる。また、リアルタイムにデータを取得し、スライド形式で共有できるストーリーボード機能も用意。もちろん、モバイルでの利用も可能だ。「約60秒で最初の分析まで行なえる。美しいレポートビューも用意されている」とジャシー氏はアピールする。実際、デモを見る限り、グラフの表示も高速で、リアルタイム性も高いと感じられた。

さまざまなグラフの種類が用意グラフから直接ドリルダウンすることも可能

 クエリエンジンのSPICEは、既存のパートナーが提供しているBIツールと連携可能なよう、ユーザーインターフェイス部分と分離されている。SQLライクなインターフェイスを介し、TableauやQlikView、Domo、TIBCOなどと連携できるため、ユーザーは専用のBIサーバーなしで、既存のBIツールを利用できる。

SPICEのみをパートナーのBIツールから利用できる

 データ分析の基盤のみならず、ユーザーが直接利用するBIツールの提供にまで踏み込んできたAWS。バックエンドからユーザーインターフェイスまで一貫して低廉な価格で提供できる強みは大きく、BI・DWH市場にはRedshift登場以来の大きな衝撃が走りそうだ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事