このページの本文へ

Core i5/Core i7搭載モデルが選択可能

7万円台から、Skylake&Windows 10搭載のミニタワーPC2機種が販売開始

2015年10月06日 18時29分更新

文● 八尋/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
第6世代Coreプロセッサー「Skylake」搭載ミニタワーパソコン2機種の販売が開始

 ユニットコムは10月5日、iiyama PCブランドの「MN5」シリーズで、第6世代Coreプロセッサーを搭載するミニタワーパソコン「MN5100-i5-HF」「MN5100-i7-HF」の販売を開始した。

 これらの機種に搭載する第6世代Coreプロセッサー「Skylake(開発コードネーム)」は、14nmプロセスルールを採用することで内部構造の微細化で動作効率が高くなり、クロックあたりのパフォーマンスが向上しているという。また、パワーアップした内蔵グラフィックス機能により、HD動画を快適に視聴できるとしている。どちらの機種も、Windows 10 Home(64bit)を採用する。

 MN5100-i5-HFは、Core i5-6400(2.7GHz)、H110チップセット、4GBメモリー、1TB HDDという構成だ。電源は350Wで、80PLUS BRONZE認証を取得している。価格は7万2339円。

 MN5100-i7-HFは、Core i7-6700(3.4GHz)、H110チップセット、4GBメモリー、1TB HDDという構成だ。電源は350Wで、80PLUS BRONZE認証を取得している。価格は9万1779円。

■関連サイト

カテゴリートップへ