このページの本文へ

異なる国の人と自在なコミュニケーションの未来が近づくのか

Windows版「Skype翻訳」に日本語など50言語が追加

2015年10月02日 18時15分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
異なる国の人とも自在なコミュニケーションが

 マイクロソフトは10月1日、Windows版Skypeの自動翻訳(Skype Translator)を大幅強化、日本語を含む50言語に対応すると発表した。

 Skypeの自動翻訳はビデオ通話をしている相手の話し言葉を自動翻訳してテキスト表示する。現在のところ、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、マンダリン(標準中国語)、スペイン語の6言語に対応している。

新たにSkype翻訳のアイコンが右上に表示される 

 マイクロソフトによると、機械学習技術によってリアルタイムの音声翻訳は次第に向上するという。自動翻訳機能付きのSkypeアプリはWindowsの動作するパソコンやSuefaceタブレットなどで動作し、次回アップデートより対応する言語が順次追加されるとしている。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART